東京チカラめし継続調査3回目(13年2月)~ボリュームに対する評価がやや低下!!

目次

「そとめし生活ラボ」

今回ご紹介するのは、外食産業を専門的に取り扱うシリーズ「そとめし生活ラボ」の調査第3弾です。「そとめし生活ラボ」は、外食産業の更なる発展と、そのユーザーである生活者のより一層の満足のために、調査と分析を行ってまいります。 そとめし

■調査目的

  • 「東京チカラめし」に関する調査を継続的に実施することで、生活者の意識や行動、「東京チカラめし」に対する評価の変化を把握する

■調査スペック

  • 2012年12月~2013年11月の間、毎月第3週末に調査を実施する
  • 牛丼チェーンの印象や期待、「東京チカラめし」の認知率や利用経験率、満足度に関する設問は固定し、それ以外に毎回数問を聴取する

□総合評価

「総合満足度」は7.0pt、「再来店意向」は7.7pt お店が明るく入りやすい点や、焼き牛丼ならではのお肉のジューシーさが美味しさで高評価を得ている一方で、ボリュームのなさや、提供までのスピード、清潔感のなさや接客態度にやや課題が残る
総合評価
※クリックで大きなグラフが見れます

□味わいとボリューム評価

味わいとボリューム評価の中では「肉の味わい」の評価が最も高く8.2pt。次いで、「全体的な味わい」8.0pt 最も評価が低いのは「肉以外の食材のボリューム」で4.2pt。その他ボリュームの項目も6ptを下回っており、今後の重要な改善項目といえる
味わいとボリューム
※クリックで大きなグラフが見れます

□評価の変遷

評価の変遷
※クリックで大きなグラフが見れます
詳細レポートでは各項目の評価の詳細や、テイクアウトとイートインの利用率の結果を掲載しています。ぜひご覧ください。
 

■ダウンロード

※調査結果の詳細は、下記URLよりPDF形式のレポートをダウンロードしてご覧ください。また、当社無料集計ソフト「my集計アプリ」に対応したローデータもダウンロードできます。  

■関連サービス

myアンケート

30年のリサーチ経験から蓄積したノウハウを活かし、調査設計から実査までしっかりサポートします ・カタログのダウンロードができますお問い合わせはこちらです

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

聞く技術を中心に据えたマーケティング事例を紹介します。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる