コロナ禍でまだまだ積極的に外飲みすることができず、宅飲みが中心というのが現状です。今回の調査では、そんなコロナ禍での「宅飲み(自宅でお酒を飲むこと)」についてです。宅飲みの頻度や宅飲みで飲むお酒の種類やおつまみ、またコロナが落ち着いても宅飲みをしたいかなど多岐に渡って調査しました。

タンパク質は様々な食品に含まれています。生鮮食品から粉末のプロティン。また、数年前から話題になっている大豆ミートなどの代替タンパク質。今回の調査では、タンパク質の摂取率や購入時の重視点などを調査しました。

マスク生活によって口内環境への関心が高まっているのではないでしょうか。
本調査では口腔ケア・オーラルケアについて、どんなアイテムを使い、どこで購入し、どんなきっかけで使用しているかなどを調査しています。
また、口腔内での気になる部分、口内の健康の関心についてにもヒアリングしています。

世界最大の動画共有サービスである「YouTube」。誰が、どんなコンテンツを閲覧しているのかを調査しました。

感染症拡大の抑制に伴う行動制限で、家でお買い物ができることができるECサイトの利用頻度が多くなっているでしょう。
本調査では、複数のECサイトの使い分け方や購入時の重視点、また、サイト別の満足度、閲覧する時間帯、購入する商品などを調査しました。

テレワークが多くなってきた中、女性のスキンケア・メイクアップに対する行動も変化していると言われています。2018年10月調査との比較し、コロナウイルスの流行後、どんな変化があったのかを探りました。

近年、マイボトルやマイタンブラーを持ち歩く人を多く見かけるようになりました。
本調査では、普段使っているタンブラーやボトルに関して、使用頻度や使用場所などあらゆる角度からタンブラーを調査しています。

お肌の乾燥が気になる時期になりました。本調査では男性の「スキンケア」について、どんなアイテムを使い、どこで購入し、どんなきっかけで使用しているかなどを調査しています。また、新型コロナウイルスで変わったスキンケア事情についてもヒアリングしています。

カラダに様々な働きをしてくれる「乳酸菌」。それを気軽に摂取できる「ヨーグルト」や「乳酸菌飲料」の摂取頻度や購入時の重視点などについて調査しました。半年前に行った調査とも比較をしています。

店頭・広告・WEB上には、商品をアピールするためのキャッチコピーが溢れています。生活者が惹かれ、購買行動を起こすキャッチコピーやプロモーションはどのようなものでしょうか?
今回の調査では、2019年に調査した「商品のキャッチコピー」に関する調査結果をさらにパワーアップさせ、【食品/飲料/日用品/化粧品】などの商品カテゴリ別に調査しました。