新撰組と幕末の志士たちに関する調査~坂本龍馬は浮気をしないし、勝海舟はしっかり養ってくれる?

新撰組と幕末の志士をテーマに調査を行いました。認知率と選好度に加えて、「上司になってもらいたい人」「夫にしたい人」などの観点から、それぞれが抱かれている印象を聞いています。新撰組や幕末の志士が自分の近くにいたら?と想像しながらご覧いただけるとうれしいです。

目次

■調査目的

  • 新撰組と幕末の志士たちの認知率・選好度を把握する
  • 「上司になってもらいたい人」「夫にしたい人」などの観点から、それぞれが抱かれている印象について詳しく把握する

■回答者プロファイル

  • 性別:男女
  • 年齢:20~69歳
  • 未既婚:不問
  • 居住地:全国
  • サンプル数:3000サンプル

■認知率、選好度、コンバージョンレート

新撰組と幕末の志士_認知選考度
※コンバージョンレート:認知者に占める選好者の割合 ※幕末に興味がある人ベース/カテゴリごとに、認知度の降順に並び替え ※クリックで大きなグラフが見れます

■上司になってもらいたい人

「上司になってもらいたい人」をみると、最も割合が高いのは「勝海舟」の23.6%。優れた見識で広い視野から物事を判断してくれそう、部下の面倒見がよさそうという声があがっている。なお、これらは2位の「坂本龍馬」、3位の「西郷隆盛」にも共通している
新撰組と幕末の志士_上司になってもらいたい人

■一緒にお酒を飲みたい人

「一緒にお酒を飲みたい人」をみると、最も割合が高いのは「坂本龍馬」の25.5%。大きな話ができそうだからという声があがっている
新撰組と幕末の志士_一緒に飲みたい

■ブログを見てみたい人

「ブログを見てみたい人」をみると、最も割合が高いのは「坂本龍馬」の15.9%。坂本龍馬という人物に魅力があり、その生き様や考え方を知りたいという声があがっている
新撰組と幕末の志士_ブログを見てみたい

■夫にしたい人

「夫にしたい人」をみると、最も割合が高いには「坂本龍馬」の9.3%。龍馬人気の高さがうかがえる
新撰組と幕末の志士_夫にしたい
詳細レポートでは「幕末に興味を持ったきっかけ」や、各印象の背景・理由を発表しています。ぜひご覧ください。
 

■ダウンロード

※調査結果の詳細は、下記URLよりPDF形式のレポートをダウンロードしてご覧ください。また、当社無料集計ソフト「my集計アプリ」に対応したローデータもダウンロードできます。  

■関連サービス

myアンケート

30年のリサーチ経験から蓄積したノウハウを活かし、調査設計から実査までしっかりサポートします ・カタログのダウンロードができますお問い合わせはこちらです

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

聞く技術を中心に据えたマーケティング事例を紹介します。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる