ソーシャルメディア上に集まっているファンを活用しクチコミを創出する

当社では、Facebook、Twitter、Instagramなどソーシャルメディアを活用し、メーカーと生活者との交流を支援しています。その価値はソーシャルメディア上で交流を続けていくことで、製品の購買や使用頻度の向上することにあります。 ソーシャルメディア上の交流でファンと交流を深めることで、商品購入に年間2.5倍の差が開く 今回は、今いるファンとのつながりをさらに深めるための施策をご紹介します。

ユーザーがクチコミを投稿できる場を作ることでより深くファンとつながる

当社ではクチコミを収集するシステム(コレクト)を導入したサイト ポジポス を運営しています。ホメ言葉<ポジティブなワード>を投稿する<ポスト>することを目的としたサイトです。クチコミの収集だけでなく、以下のように収集したクチコミをを元にした記事も定期的に公開しています。 「カップヌードルリッチ」のリッチ感はスープにあった! |
このポジポスを活用し、ソーシャルメディア上のファンへ以下のような取組みを行います。 Facebook×ポジポス活用イメージ
  1. コレクトを使用しハッシュタグやテキストから製品を使っている様子や感想などを収集し、それ自体を1つのコンテンツにします。

  2. 収集した写真をFacebookのコンテンツへ流用します。

  3. 集まったクチコミや写真を閲覧することでFacebookに集まるファンにも投稿を促します。

  4. クチコミの創出およびFacebookページのエンゲージメントが向上します
製品に愛着を持っている集団へ、「周りの人がこのように製品を使用している」というシーンを見せることで、いいね!やコメントなどのソーシャルメディア上でのアクションから、1歩上のアクションを取るよう、自然に誘導します。

他のユーザーのクチコミを活用しエンゲージメントをさらに上げる

図は行動モデルAMTULに沿ってFacebookとポジポスの活用をイメージ化したものです。AMTULについては当社の舟久保が作成したこちらの記事(長期的なお客さまとの関係構築の過程を「AMTUL(アムツール)」で確認しよう)をご覧ください。 AMTULモデルを使用したFacebook×ポジポス Facebookではユーザーと交流し、認知・記憶を高めます。さらにポジポスを併用し、クチコミの投稿を促進することで使用経験から愛用固定までカバーしていきます。ポジポスを併用することで今、ソーシャルメディアに集まっているファンとのつながりをさらに深め、最大限活用することができます。 当社が運営しているFacebookページにて、製品を使用している写真をキャンペーン形式で収集し、集まった写真を投稿したところ、他の投稿と比較し、約1.3倍のアクションを獲得しました。このことからファンが生み出したクチコミを活用することも効果があります。
ソーシャルメディア上で交流を持つことは盛んに取り入れられています。次の施策として、貴社製品のファン自身にクチコミを創出する仕組みを導入し、今集っているファンを活用するのはいかがでしょうか。興味がございましたらお気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

株式会社ドゥ・ハウス マーケティング・コミュニケーション事業部

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる