新商品・その他リリース

2021.02.17

首都圏の主婦と青森県八戸市を繋ぎ
地域振興のためのオンラインディスカッション開催

~ 観光客視点からの商品・プロモーションアイデアをディスカッション ~

株式会社ドゥ・ハウスは、青森県八戸市の観光地域づくり法人が取り組む地域・産業振興プロジェクトにおいて、自社独自の主婦マーケターネットワーク「DOさん・ネット」を活用し、首都圏の主婦と八戸市のプロジェクトメンバーを繋いだオンラインディスカッションを、2021年1月27日に実施いたしました。

生活者と各地域の事業者・生産者をオンラインで繋ぐことで、移動コストを抑えつつ、遠方の生活者へのヒアリングや、生活者側からのアイデア提案なども可能となります。今後もドゥ・ハウスでは、商品開発や販路拡大等、地域振興を目的とした自治体や地域事業者のマーケティング活動を支援してまいります。

開催概要

今回のディスカッションには、首都圏在住の主婦や、八戸市在住の方々、また、東京都在住の青森県出身者が参加しました。開催までの流れとしては、あらかじめテーマ商品を家族と試食、また、現地の動画を視聴し、感想や疑問点、アイデアなどを事前アンケートに記入します。その後、自宅からZoomにアクセスし、ディスカッションに参加します。

ディスカッションは2部構成で実施しました。前半は、地域食材を生かした新商品をテーマに、味やパッケージのほか、食べ方のバリエーションなどのアイデアを中心にディスカッションしました。中には、アイデアをイラストで説明する参加者もいました。後半は、今後活性化を目指す八戸市のスポットをテーマに、いち生活者の視点からどのような情報提供やサービスがあると良いかなどを中心に話し合いました。

どちらのテーマにおいても、一般論やイメージにもとづく感想、アイデアではなく、参加者自身の生活背景や実体験をもとにしたより具体的な意見、アイデアが豊富に飛び交う点が、主婦マーケター「DOさん」によるディスカッションの特徴です。

(オンラインディスカッションの様子)

主婦マーケターネットワーク「DOさん・ネット」

DOさん・ネットは、ドゥ・ハウスが1980年に立ち上げた主婦のネットワークです。今よりも女性の社会進出が難しく、結婚や出産を機に家庭に入る女性が多かった時代、生活のプロである主婦の力をメーカーのマーケティング活動に活かすことを目的に誕生しました。

2021年2月現在、首都圏を中心に140名、20代から80代の主婦(DOさん)が登録しています。

DOさんの大きな特徴は、一般的な主婦モニターとは異なり、登録前に数ヶ月間の研修が必須であることです。研修を通して、全員が「聞く力」を基盤とした定性情報処理技術を習得しています。

時代に合ったマーケティングサービスを提供するため、1989年には全DOさんが自宅にパソコン、およびパソコン通信を導入、その後も新しいコミュニケーションツールをいち早く取り入れていきました。90年代はメール、00年代はブログ、10年代はSNSを活用したマーケティング活動のサポートを行っています。2020年は、ビジネスシーンで活用が進んでいるWeb会議ツール「Zoom」を全DOさんに導入し、オンライン化の時代に合った形で、企業のマーケティングを支援していきます。