新商品・その他リリース

2020.03.12

国内外のミレニアル世代と市場変化を研究する
「Global Millennial lab」の会員企業を募集

~ 共同研究データやカンファレンスレポートなどを提供 ~

株式会社ドゥ・ハウスは、グローバル・マーケティングを専門とする明治大学 大石芳裕教授監修の『Global Millennial lab(グローバルミレニアル・ラボ)』につきまして、2020年度の会員企業の募集を開始いたしました。

Global Millennial labの取り組み

『Global Millennial lab』(以下、当ラボ)では、今世界で注目されているミレニアル世代(アメリカにおいて2000年代に成人・社会人となる世代)における、個の価値観を明らかにし、市場変化の可能性を研究していきます。日本だけでなく、海外各地の同世代の変化を定点的に調査・研究するほか、米国をはじめ世界で開かれるマーケティングカンファレンスの視察及びレポートを行い、海外市場の変化についても随時情報を共有いたします。

さらに、企業が国内外のミレニアル世代の生活者とコミュニケーションできる環境の整備を行い、世界で起きる変化をいち早く発見し、海外展開に取り組む企業、個人と共に、グローバル・マーケティングの活性化を目指します。具体的には、企業、生活者、新しい技術を集結させた共創型コミュニティの構築に着手し、2020年度以降の本稼働に向けて準備を進めております。

【WEBサイトURL】https://globalmillennial-lab.com/

<イメージ図>

2020年度の研究と会員企業の募集について

昨年度のプレオープン期間においては、食品・化粧品・家電・小売などさまざまな業種の企業に参画いただき、「日米ミレニアル世代の仕事ストレスと食」「中国ミレニアル世代のヘルスケア意識」の2つのテーマで研究を行いました。

2019年度の活動では、「健康」をテーマの軸として設定し、20代のミレニアル世代を中心に、画像収集を伴う定性調査や、日米中3ヶ国を対象とした定量調査、ポストミレニアル世代との狭間である20歳前後の学生を対象としたSNS実験などを通じ、健康への意識や行動などを研究してきました。

2020年度は、研究対象を「ミレニアル・ママ(仮)」と設定し、調査や実証実験的要素を含む研究を行う予定です。具体的な調査内容は、参加企業の皆様とディスカッションを行いながら進めていきます。なお、研究結果の報告は、2ヶ月に1度開催する定例会で行います。また、ローデータについても後日会員企業の皆様に共有いたします。

2020年度の活動に参画いただける会員企業様を、下記のとおり募集いたします。

【会員企業様特典】

  • マーケティングカンファレンスレポート:年3本
  • 研究レポート:年4本
  • 定例会へのご参加:年5回〜6回
  • 当ラボの保有する調査結果のローデータなどの提供
  • ニュース・フィード配信:毎月
  • ネットリサーチ実施チケット:1社あたり年4本まで

【期間】2020年4月~2021年3月(新型肺炎の影響により、開始時期が変動する可能性があります)

【企業会員の区分と費用】

①企業会員

対象: 製造業・小売業に属する法人・団体
会費: 年額60万円(税別)

②イノベーションLab会員

対象: 製造業・小売業以外の業種、もしくは製造業・小売業のうち従業員20名以下の法人・団体
会費: 年額36万円(税別)

【お申込み・お問合せ】

株式会社ドゥ・ハウス グローバルミレニアル・ラボ事務局(高橋・浜)
Mail to → contact@globalmillennial-lab.com

※当ラボは会員制となります。活動内容や会員体系などの詳細については、上記事務局までお気軽にお問合せください。

当ラボ監修教授について

【監修/大石芳裕教授】

所属: 明治大学経営学部
専門: グローバル・マーケティング、グローバル・ブランド
著書:

共著『未来の多国籍企業』文眞堂、2020年
   第1章「ミレニアル世代の影響」執筆

単著『実践的グローバル・マーケティング』ミネルヴァ書房、2017年

編著『グローバル・マーケティング零』白桃書房、2017年

共編著『グローバル・マーケティングの新展開』白桃書房、2013年

編著『日本企業のグローバル・マーケティング』白桃書房、2009年

編著『日本企業の国際化』文眞堂、2009年

編著『グローバル・ブランド管理』白桃書房、2004年など多数