■先輩事業家からみなさんへ > 社員紹介 > 三輪 朋子

開発から販売促進まで、提案できるようになりたい

三輪 朋子

2013年4月エントリー(PM職・新卒採用)

営業開発第2グループ 営業開発第3部

ドゥ・ハウスにエントリーした理由は?

学生時代は新聞記者を志望しており、何かを発信するという事には興味がありました。
同時に、新聞をもっと読んでもらうためのアンケート調査をした時に、読者はそれまで自分が思ってもみなかったことを記事として読みたいと思っていた、という経験をしました。商品や情報の受け手が、考えていることを吸い上げることも、発信と同じくらい重要だと考えるようになりました。

ドゥ・ハウスという会社を知った時、マーケティングという分野でプロモーションとリサーチの両面から事業を展開していると聞きました。ここでなら、私がやりたい「発信」と「情報の吸い上げ」両方に携わることができる、と感じて興味を持ちました。

また、「人」の魅力も、もう一つの大きな理由です。
選考中は、様々なタイミングで多くの社員の方とお話しする機会を設けていただきました。
若い社員の方から、役員の方まで立場は様々でしたが、みなさんが自分の考えていることを自由に言って、まわりの人もそれを否定せずに耳を傾ける雰囲気がとても楽しそうに感じました。

私の話に対しても、学生だからといって上からアドバイスをするのではなく、同じ目線で社員の方に聞いていただけて、居心地の良さを感じたことを覚えています。
自分のやりたい事と、働く人の魅力、両方が決め手となり、エントリーを決めました。

現在の仕事について教えてください

国内消費財メーカーに向けて、リサーチサービスを中心に提案を行う営業開発(いわゆる営業)を行っています。
メーカーの商品担当者がクライアントとなるのですが、実際に訪問してその方が抱えている商品についての課題、テーマをお聞きします。その上で、課題解決のための施策として、企画書を作成し、サービスをご提案することがミッションです。
リサーチサービス中心ですが、認知拡大やトライアー獲得を課題としているクライアントに対しては、プロモーションをご提案させていただくことも勿論あります。

はじめは、アプローチをかけたい企業にお電話をして、訪問先を増やしていきます。自分の行きたい業界にアクションを起こせるところに、やりがいを感じますね。最近ではNBと呼ばれる大手メーカーの方がクライアントになることも増え、そのような方とエントリー2年目でお仕事をご一緒できるという事も、嬉しいです。

印象に残った営業のエピソードを教えてください

ある大手食品メーカーの商品担当者の方から、「発売前の新商品に関して、プロモーションをお願いしたい」とご依頼があったことです。その方には4、5回ほど訪問させていただいて打ち解けてきていたところで、先方からご連絡をいただけたことが何より嬉しかったです。
商品が実際に発売される前に、そうしたお話しをいただけるということは、ドゥ・ハウスのサービスの良さを、評価していただけていることのひとつの証明だと考えています。

この件に限らず、訪問の際に自分起点でお話をした結果、相手の方が自分から悩みや考えていることをお話ししてくださる時が一番嬉しいです。難しいのですが、何かあったら私に話そう、と思っていただけるような「コミュニケーション」や、「訪問」ができているかどうか、自分なりに常に模索しています。

今後の目標・夢は何ですか?

開発段階のリサーチから、市場リリース後のプロモーションまで、商品ライフサイクルの全てのフェーズでマーケティングサービスを提供しながら、携われるようになりたいです。
最終的には、自分が開発時にリサーチに関わり、思い入れのある商品のプロモーションを、自分でやってみたいです!

その実現のために、もっと知識と経験を積んでクライアントからの信頼を得、多様なサービスで実績を作ることを目標にしています。
訪問先の商品が実際に売り場にある様子を観察することは、今では日々の癖になっています。ふとした時にひとりの生活者視点でのコメントをクライアントに届けることで、私が訪問した時間は、先方に少しでも残るものがあるように…と工夫しています。「聞く」姿勢を持ち続けることで、クライアントが自分から話しかけたくなる営業をしていきたいです!


TOP