採用情報TOP

2013年11月27日

★2014内定者コンテンツ ~武石 幹矢~★


みなさん、はじめまして!

今回の内定者コンテンツを担当させていただくのは、立教大学経済学部経済学科4年の
武石幹矢です。
大学では飲みs…テニスサークルに所属して過ごしてきました。

私の自己紹介はさておき、早速本題に入りましょう。

今回のテーマはGW(グループワーク)対策です。(ゴールデンウィークではないですよ!)

126

GWとは、簡単に言えばグループで出されたお題について議論するものです。
グループでの議論は企業に入社してからも何度も経験することなので、実践的な選考といえるでしょう。
しかしGWはESや面接と違って、事前にどんなお題が出されるのかを予想するのは
非常に難しいので、なかなか対策がしづらい選考です。

ではどういったお題が出されるのか、去年私たち内定者が実際に選考で経験したお題を
いくつか紹介したいと思います。

「牛乳嫌いな子供に牛乳を飲んでもらうにはどうすればよいか」
「廃校になった小学校を利用して何か企画してください」
「社会人が月曜日を楽しみにできるようなアイデアを考える」

こういったお題に対して、グループで1つの結論を出すのがGWです。
なんとなく選考のイメージがわいてきたでしょうか?GWではいいアイデアが出るかどうか
よりも、うまく議論を進められているかどうかのほうが重要です。

それを踏まえたうえで、4つのGW対策をお伝えしようと思います。

○時間を計画的に使うべし

GWは最終的にお題に対する答えを時間内に出さなければなりません。議論に夢中になりすぎて答えを出せなかった、
というのはアウトです。そのため、時間を計画的に使わなければならないのです。
具体的には、何時までに議論を終えようといったことを決めてからGWをはじめるといいでしょう。


○空気を読むべし

グループでおこなうものなので、周りと協力していかなければいけません。
そのため、一方的に話し続けることや、話題が逸れるような余計な言動は避けた方が
いいです。たとえ緊張した空気を和ませるためでも、人によっては「大切な選考なのだから
ふざけないでほしい」と捉えることもあります。
逆に、あまり発言していない人に話を投げかけてあげるというような行動は、
グループの議論を活性化させるでしょう。



○効果的にアピールすべし

先ほど空気を読めとは言いましたが、それは協調性を見られているからでもあります。
GWではただ議論をするのではなく、人事の方が何を見て何を評価しているのかを考え、
それを効果的にアピールする必要があります。たとえば論理性です。自分の意見を言う
ときに、論理的でわかりやすく端的な言葉でグループに伝えられていれば高く評価されるでしょう。
また、議論の進行役をうまく務めればリーダーシップをアピールできます。狙ってアピール
することは難しいですが、独創的なアイデアが出せれば創造性もアピールすることが
できます。このようにやはり選考である以上、アピールすることを意識しながらGWに
取り組むとよいでしょう。



○全力で楽しむべし

これが最も重要なことです。面白いことを考えたければ、まず自分たちが面白くなくては
いけないのです。 ただでさえ就活は不安やプレッシャーがかかるものなので、せめて選考は
楽しく面白くという考えは非常に大事だと思います。

いかがだったでしょうか。

GWはお題、グループのメンバー、制限時間など1回1回全く違う環境で臨まなければならず、
どんなGWでも通じることはなかなかないのです。例えば余計な発言は反感をかう
可能性があるといいましたが、そのような発言から画期的なアイデアにつながることもあります。
そんな中でもこれだけは頭に入れて臨んでほしいと思った4点を紹介しましたので、
それが皆さんのお役に立てればと思います。

GW(グループワーク)を制して、GW(ゴールデンウィーク)を楽しめるよう
頑張ってください! オヤジギャグで失礼します。


TOP