You are here: Home » ブログ » 企業側からブロガー(生活者)に歩み寄ることで生まれる、好循環なソーシャル・コミュニケーション

企業側からブロガー(生活者)に歩み寄ることで生まれる、好循環なソーシャル・コミュニケーション

企業側からブロガー(生活者)に歩み寄ることで生まれる、好循環なソーシャル・コミュニケーション

Original Update by Patrick Denker

現在、ソーシャルメディアマーケティングを行う上で、「ブログ」「ブロガー」の存在が改めて注目されています。

過去の記事で書いた通り、ドゥ・ハウスが運営をするFacebookページでは、生活者の声を聴き(Listen)、もう一歩歩みより(Like)、さらに生活者の声を他の生活者に広げる(Share)という、Listen+Like+Shareのアクションを行っています。

ソーシャル時代の聞くコミュニケーションはListen+Like+Shareで組み立てる

今回は、商品についての生活者の声としてのブログを探し、歩み寄り感謝を伝え(Like)、その声を広げるための運営(Share)を続けることで、どのようなことが起きるのか。実際に運営しているページの経験を元に紹介します。

【Like】企業からのメッセージにブロガーは感動&コメント欄で他のユーザーも祝福!

自分がある商品について記事を書き、ある日いきなり企業から「ありがとうございます!」なんてメッセージが届いたら嬉しいですよね?私もほぼ毎日飲んでいるサイダーについて記事を書き(仮定)、その記事にメーカーからコメントが来たら、まず友達に自慢すると思います。そしてきっと「飲み続けていてよかった・・」としみじみと感動するでしょう。

当社ではまずブログのコメント欄にお礼のメッセージとFacebookで紹介したい旨のコメントを残します。

これまでの運営事例から見ると、「ありがとうございます」「光栄です!」といった返事だけでなく、コメント欄でのやりとりを見た他ユーザーが「ご指名が入ってますね」「でかした!」などのコメントを残してくれました。

【Share】生活者の声をFacebookページで紹介。1ファンの声が多くの生活者にリーチ

信頼できる広告とは?という内容の調査結果を見ると、どれも上位に「クチコミ」「友人からの勧め」が入ります。Facebookの情報波及の仕組みを利用すれば、1ファンの声、クチコミ情報を数千人、数万人に届けられます。

当社が運営するページでも、承認を得たブログをFacebookページで「こんなありがたい声がありました!」と紹介した投稿が、数千人に閲覧されています。

また、紹介されたブロガーも、自分の声が企業のコンテンツとして使われたことに感動し、商品への想いがさらに強くなるはずです。私であれば、再度友達に自慢し、はりきって翌月分のサイダーを購入しに行くでしょう。

【Action】他の生活者たちが自発的にFacebookページへ投稿

これまで紹介した【Like】【Share】の活動を続けているうちに、生活者がFacebookページのタイムラインへ「飲みました」「買いました」などの投稿を自発的に書き込んでくれるようになります。

一方的に毎日商品情報を投稿しているだけのページでは、自分からページへ書き込もうとは思えないですね。

地道な活動にも見えますが、生活者の声に耳を傾け、コミュニケーションを取りにいくことで生活者たちが自発的にActionを行いやすい環境をつくることができます。

企業からの依頼ではなく、自発的に声を発信してくれる生活者は、企業にとってとても大きな資産です。ソーシャルメディアという、企業と生活者が双方向のコミュニケーションが取れるツールでは、声を聴きにいった上でまず一歩、企業側から生活者に歩み寄っていくことからはじめませんか?

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に「株式会社ドゥ・ハウス」のクレジットと、記事の「公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)」を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

株式会社ドゥ・ハウス マーケティング・コミュニケーション事業部 マネジャ

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。