You are here: Home » ブログ » 増税後の店頭支援策はどうなっていくのか

増税後の店頭支援策はどうなっていくのか

消費税の増税が2014年4月と迫ってきました。5%→8%ですが、高価な買い物ですと、3%アップは大きく圧し掛かります。この増税前の3月までに買いだめする人も増えてくるでしょう。ニュースでも取り上げられていましたが、不動産などはいい例です。

もちろん消費期限が短いものですと大量に買っても使い切ることが難しかったりと買いだめに向き不向きな商品があります。

買いだめに向いている商品で言えば、消費期限の長いアルコール飲料やインスタント・レトルト食品、基礎調味料などがあります。現に流通からの発注も多くなっていると聞きます。

買いだめが起きた後の4月はどうなるでしょうか。リバウンドが起きたかのように今度は買い控えが起こることが予想されます。店頭での商品回転率が悪くなれば、商品の発注数が減り、最悪の場合商品の入れ替えが起こります。

そのため、今から増税後の店頭支援策を検討する企業が増えてきています。

では、店頭で商品の回転率をアップさせるためには、どんな施策があるでしょうか。マストバイキャンペーンやデモ販売などが思い浮かばれると思いますが、消費者が店頭へ行く機会も少なくなっていくことが予想されるため、店頭誘客を絡めた店頭施策も重要となってきます。そして更に注目を集めるのがO2O施策です。

ドゥ・ハウスのサービスでもあるO2O施策テンタメも3、4月にかけて多くのお引き合いをもらっています。是非、この機会にO2O施策をご検討してみてはいかがでしょうか。

テンタメ
http://www.tentame.net/

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に「株式会社ドゥ・ハウス」のクレジットと、記事の「公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)」を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

株式会社ドゥ・ハウス 店頭プロモーション事業部 マネジャ

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。