冷やし麺のお弁当では、手間なしでおいしい流水麺とぶっかけうどんつゆが大活躍しています

  • google
  • hatena
  • pocket

ひと月ほど前に、スープジャーの保冷機能を利用して次女のお弁当に冷やし麺を作った記事(詳細はこちら)を書きましたが、その後もせっせと冷やし麺のお弁当を作り続けた中で、お勧めの麺とつゆを見つけましたのでご紹介します

推しメンは流水麺です

冷やし麺の主役は麺なので、私も乾麺・チルド麺・冷凍麺を硬めに茹でたり、氷水でしめたり、水気をキッチンペーパーで丁寧に拭いてみたりといろいろ試行錯誤をしましたが、どの麺も茹でたてに比べるとどうしても味が落ち、喉ごしも少し悪くなるのが残念でした。でも、ある日、スーパーでお弁当仕立てになっている『流水麺』を見かけたのにヒントを得て、真似っ子をして流水麺のそうめんを少し手でほぐしてそのままお弁当に入れたところ、次女曰く、硬めの麺で、のびてもいないので喉ごしもよく、味わいも今までの麺の中で最高においしかったと絶賛でした。実は手抜きすぎるような気がして今まで流水麺を使ったことがなかった私としては、手間をかけて茹でた麺よりもおいしいと言われ少しショックでしたが、それ以来、簡単でおいしいのでお弁当用の麺には流水麺を主に使っています。流水麺は本来はさっと水でほぐして使いますが、お弁当の時はダイレクトにつゆをかけてほぐしています。でも、特に問題もなくおいしいそうなので、冷やし麺のお弁当を作る時には流水麺のシリーズがお勧めです。

 

 

つゆの一押しはポーションタイプのぶっかけうどんつゆです

冷やし麺のお弁当では、つゆが味の決め手です。最初の頃は、中華麺以外のうどん・そば・そうめん用には自宅のめんつゆをタレビンに入れて凍らせていましたが、回数を重ねれば飽きるのでもう少し変化をつけたいと思っていた時に見つけたのが、ヒガシマル醤油(株)のポーションタイプの『ぶっかけうどんつゆ』です。他のメーカーの変わった味のつゆは2人前以上が多い中、1人用なので、このまま冷凍庫で凍らせればそのままお弁当用に持っていけます。味も讃岐風・釜玉用・柚子おろし・ごま中華の4種類があり、釜玉用以外の3種類を試しましたが、どれもおいしいです。ただ、娘は酸っぱい味を好むので、さっぱりした酸味が暑い日に食が進むと柚子おろしが特にお気に入りです。

 

以上が、我が家の冷やし麺のお弁当の現状報告です。あまりにも手抜きで恥ずかしいのですが、流水麺とぶっかけうどんつゆを使えば、麺もつゆも手間なしで用意でき、あとはおかずを詰めればおいしい冷やし麺のお弁当が完成します。まだしばらくは朝から気温の高い日が続きますが、両方を利用して涼しい顔でお弁当作りをしたいと思います

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

1 Comment

  1. 1人用は良いですね。

    チェックしてみます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)