Original Update by Natasia Causse

おいしさと満足感、手軽さを兼ね備えた『とうふそうめん風』は、わが家のダイエットアイテムとして重宝しています。

  • google
  • hatena
  • pocket

ダイエット中だと言う、わが家の高2の娘。夏休みの話題、プールや水着の話も出るようになった今、ようやく本気モードになったようです。
そんな娘のお助けアイテムになっているのが、紀文の『とうふそうめん風』シリーズ。手間暇かけなくてもいつでも出せるメニューとして、ダイエット中の娘を持つ母としても嬉しい商品です。その『とうふそうめん風』のお気に入りポイントを挙げてみました♪
__

豆腐なのに麺!だから嬉しい

ダイエット食としてすぐに思いつきやすい豆腐ですが、「だったら豆腐だけ食べていればいいじゃないか?!」と、つい言いたくなるのですが、麺状になっているところが最大のお気に入りポイントのようです。ダイエット中は、ご飯や麺類などのいわゆる炭水化物を摂らないようにしているため、「麺を食べている」という満足感が嬉しいようです。しかも豆腐だから90kcalちょっと。ダイエット中は栄養も偏りがちなので、タンパク質も摂れて満足感もあるようなら、親としても安心です。

とにかくおいしい!

元々そうめんが大好物の娘なのですが、娘いわく、チュルチュルっとしたのどごしが良くて、こんにゃく麺などのように特有のニオイや味がしないところが好き!とのことです。確かに、豆腐の風味が邪魔をすることがないので、タレの味を楽しみつつ最後までおいしくいただけます。
__ 1

アレンジや味のバリエーションが楽しめる

そのまま食べるのはもちろんのこと、肌寒い日は温めて「にゅうめん風」にして食べてもおいしいです。また、具材をたくさん乗せればおかず的な1品にもなりますし、「麺つゆ」の他、「ごまだれ」「玉子とうふ」のバリエーションもあるので、具材を変えると何十種類もの味が楽しめて飽きることはありません。

とにかく簡単!

高2の娘が自分一人で食べられます。お湯を沸かして茹でて、手もみをして冷水にさらすといった手間も時間もなく、水切りをしてタレをかけてすぐに食べられるところも嬉しいですね。私の帰宅が遅くなった時など、塾へ行く前に娘のお腹を満たしてあげたい、という場面にも、すぐさま対応できるので重宝しています。

主婦歴20年、ベテラン?の域に入ってしまった40代主婦ですが、いくつになってもやめられないのは「かわいい」もの。かわいいものでテンション上げながら、日々楽しいことを追い求めています!

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)