九州屋さんのグリーンオイルを使えば、簡単においしいおつまみが出来ます

  • google
  • hatena
  • pocket

夫婦そろってお酒が好きなので、夕飯には品数が欲しいです

娘たちと一緒に暮らしていた時は、夕飯は大皿料理が数品ドーンと並ぶスタイルでした。
今は、夫婦で晩酌する日が増えたので、お酒の肴になるような料理を少しずつ何皿も並べるのが好きです。とはいえ、調理にはあまり手間をかけたくないのも本音なので、簡単料理をおいしくしてくれる調味料をいつも探しています。

九州屋さんの「グリーンオイル」は、野菜や魚介の味をアップします

私の一押しは、青果がおいしい九州屋さんオリジナルの「グリーンオイル」です。
グリーンオイルは、刻んだハーブがどっさり漬け込まれているガーリック風味の調味オイルです。見た目も味もジェノベーゼソースに似ていますが、材料にしょうゆが含まれているため、どこか和風の味わいがあります。油もオリーブ油に大豆油やなたね油を合わせているので、香りに油の癖がなく使いやすいです。

ガーリックが効いた味わいなので、パスタやトーストに利用しても大変おいしいですが、私のお勧めは、焼き野菜や蒸し野菜のソースに使うことです。グリーンオイルの旨味のある辛さが野菜の甘さをグッと引き立て、かけるだけでひと味違うおつまみになります。
魚介類との相性も大変よいので、マリネやカルパッチョのソースにも利用できます。グリーンオイルが複雑な味なので、お手軽なのに、これおいしいねと言われる一品が出来ます。

友人たちへのプチギフトにも喜ばれます

私は「おいしい物はみんなに勧めたい」派です。グリーンオイルは消費税込みで一瓶537円とお手頃なので、友人たちへの手土産にも利用しています。
ガーリック風味のパンチのきいたグリーンオイルは、男性受けする味なので、友人たちのご主人も気に入ってくださることが多いです。「チーズオムレツのソースにおいしい。」とか、「イカとレタスの炒め物の味付けにいいわよ。」など、プレゼントしたグリーンオイルで作っておいしかったレシピも友人から報告してもらうのも楽しみです。
私も、さらにおいしい使い方を工夫して、おつまみのレシピを増やしたいと思っています。

 

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)