珍しい野菜が手に入る旬八青果店は豊かな食卓を作る強い味方です

  • google
  • hatena
  • pocket

オシャレな佇まいの八百屋さん、旬八青果店の存在は以前から知っていました。
でも、そのオシャレな外観がゆえに売っている野菜や果物は高いんじゃないか、お店もこじんまりとしているし、店員さんに話しかけられたら買わざるを得ないなと警戒し、なかなかお店に入れませんでした。

日本の農家さんを応援する意味でも野菜は多少高くても買った方が良いという主人の持論を受け、ちょっと気持ちが変わり、お店に足を踏み入れてみました。

気軽に利用できるお店でした

「旬八青果店=高い」は完全に私の勘違いだったことが発覚しました。
旬八青果店は「新鮮・美味しい・適正価格の青果を、毎日お届けしていきます」とホームページにも書いてあります。
また、店名の通り、旬にこだわっているので、旬の野菜がスーパーよりも安く売っていることもあり、それにはびっくりしました。

スーパーでは見かけない、野菜が置いてあるのも魅力です

見たことも、名前を聞いたこともない野菜も置いてあります。
そんな時は段ボールに書かれたポップが役立ちます。
どんな味か、どんな栄養があるかが書かれています。
また、店員さんも話しかけやすい雰囲気で、どう料理したら美味しいかなどを提案してくれます。

そこで出合った野菜を一つご紹介します。

アレッタというブロッコリーとケールをかけあわせた新種の野菜です。
店員さんに料理の仕方を聞いたところ、「生でサラダにするよりも、炒めてペペロンチーノにしたり、茹でて温野菜で食べた方が美味しいです」とのことです。

早速、ペペロンチーノにしてみました。

下茹でなしで、そのまま炒めることができるので料理も楽でした。
ケールと聞くと苦そうだなとイメージしますが、アレッタは噛めば噛むほど甘みが感じられ、美味しかったです。

豊かな食体験をさせたい

5歳の娘は偏食気味です。
夏休み前の合宿で、たくあんや梅干しなど、食べられないものが多い娘を目の当たりにした先生から「もっと豊かな食体験をさせてください」と言われました。
近頃はだいぶ食べられるものも増えてきたので、スーパーではなかなか手に入らない食材を旬八青果店で手に入れ、美味しいと思えるものをもっと増やしていきたいと思っています。
また、娘にはスーパーとは違う、コミュニケーションをとりながらのお買い物の楽しさも同時に感じてもらえたら良いなと思っています。

徐々に店舗を増やしている旬八青果店にこれからも注目していきたいです。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)