万年筆のインク、こんなにたくさんの種類があるなんて。インクの世界にハマりそうです♪

  • google
  • hatena
  • pocket

朝の連続テレビ小説の『とと姉ちゃん』、つい先日終わってしまいましたね。番組のエンディングに出てくる視聴者応募の写真とともに『昭和 あなたの家族写真』と書かれた万年筆の字が、柔らかくて温かみがあって素敵でした。インクの濃淡にパソコンやボールペンで書いた字にはない味がありますね。

かつて入学祝でいただいた万年筆をまた使ってみようかしらと思いインクを探しに文房具屋さんに行くと、ボトルに入った美しいインクがたくさんあって黒と青と赤だけではないその世界の広がりにびっくりしました。インスタグラムで『#万年筆』や『#万年筆インク』などと検索すると、とてもたくさんのこだわりの記事に出会えました。

同じ色味でも種類がたくさんあって、微妙な色の違いにどれも欲しくなります

株式会社パイロットコーポレーションの『iroshizuku<色彩雫>』というシリーズです。透明な瓶のインクが美しいです。たくさんの色があってどの色も紙に実際に書いてみたくなります。同じ青でも微妙に色がちがったり、赤系のラインもあったりするのですね。

https://www.instagram.com/p/BKQm8LdgYO8/?hl=ja

インクのネーミングも楽しいですね

こちらは、『京の音』というインク。京都の地名が色の名前になっているんですね。風景が目に浮かぶようです。

https://www.instagram.com/p/BEJNCalhuDW/?hl=ja&tagged=%E4%BA%AC%E3%81%AE%E9%9F%B3

多彩なインクでイラストを描く楽しみ

イラストを描いていらっしゃる方もいます。こんな楽しみもあるのですね。それにしても素敵な色合いです。

https://www.instagram.com/p/BJGnz_uhF3Q/?taken-by=salty_f&hl=ja

心を込めてお手紙やはがきを書きたくなります

こちらは、ナガサワ文具センターの『Kobe INK 物語』、たくさんの色も素敵ですが、落ち着いた色も素敵ですね。心を込めてお手紙やはがきを書きたくなります。

https://www.instagram.com/p/BLJ8SQpgdDK/?hl=ja&taken-by=_yurac0

万年筆は、おじいちゃまのをいただいたという方もいるくらいお手入れをすると長く使える文房具。愛着のわく一品ですよね。また、高価な万年筆だけでなくてお手頃な値段の万年筆もたくさん出ています。そんな万年筆をいろいろなインクで楽しめるのは嬉しいです。字を書くときの「とめ」や「はね」の流れやペンの太さや筆圧で、インクの濃いところ薄いところやかすれができて字に表情が表れます。ご紹介できなかった会社のインクも素敵なんですよ。どのインクも欲しくなります。これからは、字を書くことも楽しみのひとつにしていきたいなと思っています。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)