Original Update by Steven Depolo

私はお気に入りの飴ちゃんたちで、外出時の喉を守っています!

  • google
  • hatena
  • pocket

ここ数年、冬の初めに喉がイガイガして空咳がよく出るようになりました。そして、その咳が落ち着いたかと思うと、花粉症の季節に突入して喉がかゆい状態が長く続きます。咳を治めるため、喉を潤すため、風邪予防のために、バッグの中にはお気に入りの複数の飴がいつも入っています。飴には少々こだわりがあり、外出時に持っていないと不安になるほどで、飴依存症かもしれません。 大阪に来て5年が経とうとしています。上京した際にお友達にも飴をあげると「すっかり大阪のおばちゃんらしくなったね。」と冷やかされますが、「東京に居る時も、飴ちゃんはいつも持ち歩いてたよ!」と言い返しています。 では、私のお気に入りの飴ちゃんを3つ紹介します。

「れんこん入り いせきのど飴」で喉を守り、風邪予防

DSC_0709 同じシリーズの「だいこん入り」は何度もリピート買いしていました。メントールが効きすぎていないまろやかな味と、口の中で飴が長持ちする固さが好みです。そして、今冬「れんこん入り いせきのど飴」を近所のスーパーで見つけた時、無類の蓮根好きの私は買わずにはいられませんでした。味は「だいこん入り」よりさらにまろやかな懐かしい感じです。ビタミンCやタンニンが豊富な蓮根効果で、風邪予防や喉に効く気がしています。ゴスペルサークルのシニア女性陣に配ると、「珍しいな~」と喜ばれました。

「リコラ スイスハーブキャンディー レモンミント」は開けるときに音が気になりません

matudasan 「リコラ スイスハーブキャンディー」の一番気に入っている点は、包み紙がロウ引き紙なので、静かな所で開けてもカサカサと音がしにくいところです。先日も映画館で咳が出そうになった時、さっと口の中に放り込めました。周りに気づかれずに飴を舐めたい場面では、最適の飴です。程よく爽やかなレモンミントの味が気分転換にもなり、小さいけれど固めなので口の中で長持ちします。

口の中をすっきりさせるなら「ミンティアブリーズ リフレッシュブルー」

DSC_0713 ミンティアは昔から好きですが、口の中ですぐ噛んでしまい、物足りなさを感じていました。昨年の今頃、一緒に旅行した友人にもらったのがきっかけで、「ミンティアブリーズ」を一年中買うようになりました。大粒のタブレットなので小さな粒のミンティアより長持ちし、一粒で5分弱もちます。ブリーズシリーズの中でもリフレッシュブルーはミントが強く、ランチ後の口直しや頭がぼんやりしている時に清涼感を求めて舐めています。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)