Original Update by Tatsuo Yamashita

ビール売場に赤い缶?珍しい色に目がとまり、「限定」にやられて買ってしまいました。

  • google
  • hatena
  • pocket

ビール缶の色は金・銀・白が定番なのに…赤!

愛犬との朝晩の散歩は、私のルーティンワーク。季節の移り変わりを、陽射しや風を通して日々感じています。ふと外の空気が吸いたくなったり、夜ホッとした時間ができた時も愛犬と散歩に出ます。
冬とはいえ40分ほど歩くと、甘いものが食べたくなったり、喉が渇きます。そしてついふらっと寄ったコンビニのビール売場で感じた違和感…ここ缶コーヒー売場?と間違えるような、赤い缶が目を引きました。ビールなのに赤いパッケージなんて、斬新!と思い、珍しさから手に取りました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
最初に手に取ったのは一番左「サントリー ザ・プレミアム・モルツ<コクのブレンド>

「限定」っていわれるとつい買っちゃう

「限定醸造」って特別感がある!しかも「今だけの特別なコク」って。1本買ってみて美味しかったらまた来ようかなぁと、再びビール棚に視線を戻すと、やけに赤い缶が増えている。1本だけでは夫に全部飲まれちゃうかも…と、ついでに目についた赤い缶を3本買ってみました。「限定醸造」は、他にも「サントリー ザ・ロイヤル・ビター」と「アサヒ ドライプレミアム 煎りたてコクのプレミアム」の2本あったので、気になりついでにカゴへ。「限定」には購買意欲が湧いてくる!そして、赤よりもっと濃いえんじ色の「アサヒ クラフトマンシップ ドライポーター」は、コンビニ限定だったので、こちらもカゴへ。

冬に飲むビールだからこそのビターな味

OLYMPUS DIGITAL CAMERA早速帰宅後、まずはサントリー ザ・ロイヤル・ビターをプシュッと開けて飲むと…。「にがっ!」確かにビターな味。夏に飲むビールは、喉の渇きを潤したくて飲む場合が多いので、喉ごしスッキリですが、それとは全然違います。ビールと言われればビールですが、夏に飲むビールの味ではないです。深みがあるので、お鍋のお伴に良さそう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA続けてサントリー ザ・プレミアム・モルツ<コクのブレンド>をプシュッ。香ばしい香りと共にやっぱり「にがっ!」でも、なぜかスッキリしています。この日はあさりの酒蒸しがあったので、酒の肴に。なるほど、冬用ビールは単独で飲むものではなく、お料理と共に楽しむものなんだわ~と1人で勝手に納得(^.^)
OLYMPUS DIGITAL CAMERAアサヒ ドライプレミアム 煎りたてコクのプレミアムは、ひとくち目がさわやか~ですが、後味が「にがっ!」そしてコクがある。ゴクゴク飲むというより、ゆっくり飲むビール。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAアサヒ クラフトマンシップ ドライポーターは、パッケージに醸造責任者が手書きで書かれているのが印象的。ローストされた香ばしさと苦味がぶわっと口に広がったかと思ったら、後味はスッキリ。

3月に入り、パッケージが桜色のビールが多くなりましたね。季節と共に変化するビールの味、今後も楽しみです♪

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)