Original Update by 紺色らいおん

生地を傷めずすっきり落とせる「ちょこっと洗濯」で、ワイシャツの襟袖汚れにサヨナラします!

  • google
  • hatena
  • pocket

やっぱり気になる襟袖汚れ

汗ばむ季節が到来し、上着無しやノーネクタイで出勤するサラリーマンを多く見かけるようになりました。となると、気になるのはワイシャツの襟袖の皮脂汚れです。上着やネクタイがない分、襟や袖が汚れていたらとっても目立ってしまいます。
我が家では洗濯機で洗う前に部分洗い用の石鹸を使って予洗いしているので、それなりに汚れを落とすことはできます。しかし、繊維の奥に入りこんでしまったような汚れはかなり力を入れて擦らないと落ちません。たとえ汚れが落ちても生地が傷んでしまうのは嫌だなと思い、衣類を傷めずに汚れを落とすことができる洗濯ブラシを探していました。

特殊断面形状の繊維を使った洗濯スポンジ

そんなときインターネットの口コミで見つけたのが、株式会社サンコーの「びっくりフレッシュ ちょこっと洗濯」という衣類洗濯用スポンジです。
形状は手のひらより少し大きいサイズの丸みのある逆三角形で、先端の部分を使うと細かい場所の汚れもしっかり擦ることができます。

スポンジの表面にはポリエステル繊維をより合わせた不織布が接着されていて、繊維が列状にふわふわともりあがっています。このポリエステル繊維の断面が特殊な形状になっているので、衣類の繊維の奥に入りこんだ汚れを掻き出すことができるそうです。中央にはプラスチックリングがはめ込まれており、しっかりと持って使うことができます。

「生地を傷めず、よく落ちる」!?

「生地を傷めず、よく落ちる!」というコピーに内心(ほんとかな?)と思いつつ使ってみたのですが、これが大当たりでした。

洗濯前のワイシャツの襟や袖を濡らして石鹸を塗り、濡らした「ちょこっと洗濯」で優しく擦ると、薄茶色にこびりついた皮脂汚れがみるみる落ちていきます。今までの労力と時間は何だったのかというくらい、あっけなく汚れが落ちます。
ポイントは力加減です。あまり強く押し付けるとスポンジ表面の繊維のふわふわが潰れてしまうので、スポンジを軽く当てて擦った方が汚れが落ちやすいように感じました。
以前紹介した「ブルースティック」という洗濯石鹸を使うと、さらに汚れ落ちがバッチリです。
これからの季節、「ちょこっと洗濯」と「ブルースティック」の合わせ技でワイシャツの襟袖をきれいに保ちたいと思います。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)