「おにぎり丸」なら具がたっぷり入った栄養満点のおにぎりが手軽に作れます

  • google
  • hatena
  • pocket

おにぎりだけでは栄養バランスが心配でした

小学生の息子達はおにぎりが大好き。朝食や昼食だけでなく、夕食にお茶碗によそったご飯ですら、自分で握っておにぎりにするほどです。
手で持ってかぶりつく感覚と、素早く食べられるところが好きなようで、お気に入りは塩だけで握ったおにぎり。唯一食べる具は梅干しで、塩鮭やタラコは「おにぎりにすると、ニオイがきらい」と言って食べません。
塩おにぎりを3個ほど食べて、「お腹がいっぱいになったから、おかずはいらない」と言うことも多く、おにぎりにするとバランス良く栄養が摂れないことが悩みでした。
そんな時、冷凍食品売り場で見つけたのが味の素冷凍食品株式会社の「おにぎり丸」です。

凍ったまま使うから、簡単に握れます

早速おにぎり丸のことを子ども達に話すと、「それ、テレビで見た!食べてみたかったんだ~」と小6の長男。食べる前からテンションが上がって、いい感じです。小4の次男もそれにつられて楽しみな様子。
おにぎり丸とは、おにぎりの具になるおかずが半円形に冷凍されている商品で、味はカレー、ビビンバ、ギョーザ、豚角煮、麻婆豆腐があります。
我が家で試したことがあるのはカレー(写真上)、ビビンバ(左)、ギョーザ(右)、ですが、辛いのが苦手な方でも食べられるお味です。

作り方はラップにご飯を少しのせ、凍ったままのおにぎり丸を真ん中にポンと置き、その上からご飯をかぶせてラップごと握るだけ。これで30分ほどおき、具が解凍されれば食べられます。いつものような具の下準備も味付けも必要ありません。

ボリュームがあって腹持ちも良いから助かります

子ども達のベストワンはビビンバ味。野菜がシャキシャキしていて美味しいと言います。ご飯とおかずがしっかり食べられるから腹持ちも良いようで、すぐにお腹が減ったと言うことが少なくなりました。
おにぎり丸の具はお肉や野菜がたっぷり入っていて、しかも野菜の歯ごたえとうまみも味わえます。栄養がきちんと取れている安心感もあります。
成長期の子ども達には、しっかり食べてパワーをつけてほしいので、私はおにぎり丸を朝食に、お弁当にとフル活用しています。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)