クリスマスまでの毎日の楽しみにシュトレンを一切れずついかがでしょうか

  • google
  • hatena
  • pocket

シュトレンは、洋酒に漬け込んだドライフルーツやナッツを生地にたっぷり練り込んで焼き、たっぷりのバターとお砂糖が周りを囲んだ日持ちのするドイツ伝統のお菓子です。12月に入ると薄く切って毎日一切れずつ食べてクリスマスを楽しみに待ちます。11月も半ばを過ぎるとデパートやパン屋さんなどでたくさん見かけます。それだけではなく、自宅で作られる方もいらっしゃいます。みなさんどのくらいシュトレンが好きなのか、インスタグラムでその世界をのぞいてみました。

初めてシュトレンを食べた方の感想です

私もこんなに美味しいものを知らないで損してました。同じ気持ちです。

https://www.instagram.com/p/BNvJzJ7hiLv/?taken-by=uryaaa&hl=ja

いろんなパン屋さんや専門店からシュトレンが販売されてます

それぞれのお店の味を食べ比べてみるのもこの時期の楽しみですね。プレーンなタイプだけではなくて、和の感じのシュトレンもあるのですね。手前のプレート左からフロインドリーブ(神戸)のシュトーレン、ブーランジェリーsudo(東京)の和みシュトーレン、たまき亭(京都)の和な黒豆入りシュトーレン、たまき亭のシュトーレン、ブーランジェリーsudoのシュトーレンだそうです。どれも美味しそうですね。

https://www.instagram.com/p/BNYn6SXjxDS/?taken-by=mikibread&hl=ja

手作りされてる方もいらっしゃいます

手作りとは思えないほどの完成度ですね。ドライフルーツがたっぷりで美味しそうです。ドイツの伝統菓子が、日本に溶け込んでいるのを感じます。

https://www.instagram.com/p/BNvaSWlDw__/?taken-by=chocolover_y&hl=ja

一口大のシュトレン、日本にもあるといいなと思います

本場ドイツには小さくて一口大のシュトレンが売っているそうです。シュトレンコンフェクト (stollenkonfekt)というそうです。日本にもぱくっと一口で食べられるシュトレンがあるとカットする手間もなく気軽に食べれて楽しみが増えるのになと思います。

https://www.instagram.com/p/BNDVLHggmqC/?taken-by=shinsuke.nishioka&hl=ja

クリスマスの当日にプレゼントの交換をしたり、美味しいものを食べたりするだけでなく、それまでの期間も楽しみに過ごしたいですね。こんなに美味しいシュトレンもそのひとつ。ブランデーやラム酒に漬け込まれたたくさんのドライフルーツとナッツ入り、美味しいに決まっています。こんなに人気なのだから、ますますいろいろなお店で新しい味が出てくるのだろうなと期待しています。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)