KSP-POS

52週分のPOSデータをダウンロードして店頭マーケティングに活用できます

Agent
店頭リサーチ事業部
高橋

POSデータでクロスMD提案を含めた店頭マーケティング活動を支援します

概要

約200カテゴリーの週次POSデータをご提供します。
KSPのPOSデータはWeb上からCSV形式でダウンロードできるため、加工が自在にできます。また、リージョナルSM、ローカルSMに特化したデータ収集なので、GMSのデータ値に影響を受けません。

特長

■食品スーパーでは最大規模のデータ量です

月額10万円のコストで、過去5年分までさかのぼってデータを検索できます(期間は1年ごとの検索)。また、企業単位でのID取得で、何人でも同時に利用できます。

■全200カテゴリーのデータが閲覧できます

週次データについては全カテゴリー対象となるので、各カテゴリーの動向まで把握することができます。

■Webサイトから日次データも閲覧できます

特定カテゴリーの商品のPOSデータを、日次データで閲覧することができます。

ケーススタディ

POSをマーケティングに活用するために導入。日次でPOSデータが閲覧できるので、施策との連動を検証しています。エリア別データで自社商品が弱い地域を発見したり、競合製品のウォッチングに使っています。

◇ケース概要
  • 52週のPOSデータを閲覧し、販売動向を把握します。
  • 自社商品以外のカテゴリー動向を把握し、関連カテゴリーの実績も合わせて把握します。
  • 全国の支店・営業所に合わせてエリア設定をすることで、利用の幅が広がります。
◇概算費用

月額10万円~


お見積もり・お問い合わせは、
03-5472-7901 または お問い合わせフォームより
お気軽にご連絡ください!

Column&CaseStudy-聞く技術研究所の記事より
Positive Post-主婦マーケターによる商品体感ストーリー

TOP