道具を替えるだけ。魔法のフライパンなら腕前に関係なくおいしく調理できます!

  • google
  • hatena
  • pocket

フライパンの買い替えを考えていたときに友人から「スキレットならおいしく焼ける」と聞きました

テフロン加工のフライパンは徐々にはげてくるのがイヤで、鉄のフライパンを考えていたところ、友人が「スキレットなら同じように焼いてもおいしく焼けるよ。」とのこと。それまでスキレットはアウトドア用品のイメージでしたが、フライパンとして家で使うのもいいかもと思ったのがきっかけで調べてみると、心ひかれるメリットがありました。

  • 鋳鉄製5㎜厚さなので、おいしく調理できる
  • そのままオーブンに入れられる/食卓に出せる
  • IH/ガス/アウトドアで使える
  • お値段手頃

デメリットは重いこと。私の買ったロッジ「ロジック スキレット10 1/4インチ」はかろうじて片手で持てるけれど、お皿をかぶせて片手でポンとひっくり返すことはできない重さです。ただし、持ち手の反対側にも取手がついているため、両側から両手で持つと安定感があり、使いやすい形になっています。ちなみに10 1/4インチはHPで「はじめてつかうLODGE」としてオススメのサイズです。

また、その重さは鋳鉄製で5㎜の厚さから来ているものなので、重さが熱伝導率の良さとおいしさ、メニューの豊富さを引き出しているようです。ハンバーグやステーキなどの肉や魚だけでなく、野菜も素材のおいしさが引き出され、シンプルな調理法でもおいしさ満点です。
スキレット調理中お手入れも簡単。工場で下処理済なので油をなじませるなどは不要で、買ってすぐに使えます。使用後は基本は洗剤なしで柄付きブラシで洗い(HPにはタワシとありますが、柄付きの方が手が汚れないですしね)、火にかけて乾燥させ、油を敷くだけ。鉄の中華鍋と同じです。別売りのフタを買うとさらにレパートリーが広がるので、ケーキやピラフなど、まだ挑戦していない料理も作ってみたいと思っているところです。

T:ターゲット
おいしく調理したいと思っている人
O:オケージョン
調理時
W:ウォンツ
手間は変わらずにおいしい料理を作りたい
B:ベネフィット
使うだけでおいしく調理できる
A:アトリビュート
鋳鉄製、5㎜厚さ、熱伝導率の良さ、保温力
P:プロダクト
スキレット、フライパン
D:ディストリビューター
デパート、GMS、通販
C:コンペティター
フライパンメーカー

活字とヨガが好きな50代主婦。子育て卒業し、自分の時間が増えました。やりたいことがたくさんあるので、もっと有効に時間を使いたいと思っています。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)