Original Update by Simon Clayson

体に良くて、料理の見た目も引き立ててくれるケチャップだから、たっぷりかけちゃいます

  • google
  • hatena
  • pocket

「体に良い」と思うと、たっぷりかけたくなります

マヨネーズやソース、醤油にドレッシングなど・・何かに「かける」ものは塩分や油分が先に立ち、「かけ過ぎないでね」と、つい家族に言いたくなる調味料です。そんな中、例外と言うべく「たっぷりかけてね」と言いたくなるのが、ナガノトマトの つぶつぶ野菜が入ったケチャップです。凝縮されたトマトと刻み野菜とで、「体にいいものをかけている」という印象で、ケチャップも「食べる」という気持ちに近いのです。

自然な甘味、野菜の旨味が生きてます

特に私が気に入っているのが、『子どもと食べたい!つぶ野菜入りケチャップ』
甘くて凝縮感のあるトマトがベースにあり、そこに人参やほうれん草、ピーマンなどの6種類の野菜が入っています。そして更に嬉しいのが、50%の減塩で化学調味料なども使われていない、ということです。 ケチャップにありがちな舌を刺すような刺激がなく、自然なトマトの甘味が口に広がり、つぶつぶ野菜の食感も風味も感じられます。
__

ただかけただけなのに、お料理した感がグッとアップします

もう一つ気に入っている点は、かけるだけでちゃんと料理している感がグッとアップすることです。つぶつぶ野菜が入っていることで普通のケチャップよりも、より手作りソースという見た目になり、味も野菜の旨味で本格感が増します。
オムレツだけじゃなく、ムニエル風にした魚やお弁当用に焼いたチキンなど、ただ素材を塩コショウして焼いただけのものにかけると、手をかけてないのに手の込んだお洒落料理のようになって気に入っています。甘味付けにもなるので、塩味とのバランスもいいと思います。その他、シチュー類や煮込み料理などの隠し味としてもいい仕事をしてくれます♪

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)