LUSHで見つけたのは手触りだけでなく髪の質感が変わるコンディショナーでした

  • google
  • hatena
  • pocket

髪質の劣化を止めるコンディショナーを探していました

私は髪の毛を乾かすのにドライヤーを使いません。自然乾燥で寝て起きた時の髪型がその日の髪型、という大変大ざっぱな性格です。だからこそシャンプーとコンディショナーにはこだわりがあります。まずさらさらでまっすぐの髪質をキープするためにアミノ酸系のシャンプーは外せません。ですがコンディショナーに関しては40過ぎたぐらいから何を使っても乾いた時に髪が広がるようになってしまい、髪質の劣化を食い止めるコンディショナーはないものかと探し続けていました。

色々探す中で気になったのがLUSHです。
LUSHといえばお店の入り口に生の野菜・フルーツがディスプレイされたパックやふわふわに泡立てた石鹸など、カラフルなのに自然の素材を使用していている商品が並ぶ店内は見ているだけで楽しくなってしまいます。ここなら自分に合うヘアケア製品が見つかるかも、と思いました。

1429338933851

好きな柑橘系の香りを探そうと売場でコンディショナーの香りを嗅ぎ比べている時に、声をかけてくれたスタッフに髪の悩みを相談すると勧めてくれたのが『アメリカンクリーム(外部サイト)』でした。
甘ーいバニラの香りが強くあまり好みじゃないと思ったのですが、皮をなめす時に使う成分を使っているので他のコンディショナーと比べ物にならいくらい髪の毛がしっとりしますよ、とのスタッフの言葉に背中を押され、10日分程度のお試しサイズの物を購入しました。

ツルツルの手触りの秘密はラノリンという成分

早速シャンプー後に使ってみたところ、今まで体感したことのない手触りにびっくり!過去に使用したコンディショナーの場合、髪の毛の表面に成分の膜がコーティングされているようなヌルッとした手触りになるのですが、アメリカンクリームを使うと膜ではなく髪の毛そのものがツルツルになる感触です。コンディショナーを髪になじませて洗い流した後の床のタイルもヌルヌルしないので、これは髪によいのではと使い始めから好印象でした。

アメリカンクリームに使われている『ラノリン』という成分は、羊の毛を刈る時に出る油分で、ハンドクリームや化粧品などにも使われており、肌や髪の毛を柔らかく手触りをよくする効果があります。今までのコンディショナーでは使い始めて1週間ぐらいは成分のコーティング力でしっとりまとまるものの、使い続けると効果が薄れさらに強いトリートメントを使わざるを得なくなるのですが、アメリカンクリームだと使い続けることでより髪の毛そのものに柔らかさとツヤが出て、若い頃の髪に近づいたんじゃない?と自画自賛しています。

購入した時に気になっていた甘めの香りも洗い流すので全く気になりませんでした。会った人にすごく良い香りがするけど何の香り?と聞かれたこともあり、今となっては香りも気に入っています。

このコンディショナーと出合ってからLUSHの他の商品にもかなり興味が湧いています。先週500g入りの大きいサイズのアメリカンクリームを買うためにお店に行った時に店頭に5月10日の母の日の広告とギフトが出ているのを見て、LUSHだったらいくらでももらってあげるわよー、と子ども達に言いたくなりました。

T:ターゲット
年齢とともに手触りが悪くなる髪の毛の質感を気にしている人
O:オケージョン
毎日のシャンプー後のコンディショナーを使用する時
W:ウォンツ
いくつになってもツヤツヤ、サラサラの髪質をキープしたい
B:ベネフィット
ラノリンの成分で髪質を柔らかく手触りよくする効果のあるコンディショナー
P:プロダクト
LUSH,アメリカンクリーム

気が付けば主婦歴25年です。いつもおなかを空かせている息子3人+夫の食糧調達に追われる毎日ですが、きれいなデザインのパッケージ、雑貨を手に入れて日々眺めるのが密かな楽しみです。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)