パッティングも!パックも!いつもの化粧水半分だけで保湿ができるコットンを見つけました

  • google
  • hatena
  • pocket

@コスメ部門第1位に興味津々です

化粧水に使うコットンをちょうど切らしてしまったので買い物ついでに売場に寄りました。
パッケージを見ただけでは肌触りがわからないので、使った時に顔に綿が残らない封入タイプで、透明ビニールに入っていてコットンの質感が見えるものを選んでいます。残念ながらその売場にはビニールパッケージのものは取り扱われていなかったのですが、売場を一通り見て目を惹かれたのはパッケージに貼られていた『@コスメ コットン部門第1位』と書かれたキラキラのシール。@コスメで第1位の商品?ちょっと興味あるなぁと思って手に取ったのが「シルコットうるうるスポンジ仕立て」です。
パッケージの真ん中に『1/2の化粧水で驚くほどうるおう』とも書かれていているのもさらに気になりパッケージの裏面までじっくり読むことにしました。

化粧水はコットンを使ってたっぷりつけるといいですよ、という美容部員さんからのおススメを実践しているのですが、コットンに沁み込ませると化粧水の減りがめっちゃ早いんです。半分量の化粧水で足りるのだったら、ちょっとお高めのコットンでもいいかも!と思い購入しました。

今までのコットンとは全く異なるコットンなので使い道もいろいろ

DSC_0487
帰って早速使ってみると、普段使っているコットンに比べると1枚の厚さが2mm程度でペラっと薄い不織布のような材質です。こんなに薄くて化粧水のパッティングなんてできるの?と半信半疑でいつも通りの量の化粧水をパシャパシャパシャと出して使うと、コットンがうるうると水を含んだ状態になり、そのままパッティングすると水分が多すぎる感じです。本当に1/2の量で足りるんだ!と実感しました。
2回目からは間違えずに半分の量でパッティングをしていますが、化粧水は少なめでもコットン一枚で顔全体の肌にたっぷり化粧水を吸収させることができます。化粧水を無駄にしていないところも気分がいいです。

シルコットうるうるスポンジ仕立ては実は2枚重ねになっていて、二つ折り部分を広げてミシン目で切り離し顔の気になる場所に1枚ずつパックすることもできるので、歩き回ったり家事をすることが可能なのもうれしいポイントです。
私はうるうるスポンジ仕立てをミシン目で切り離さずに、水で濡らしてまぶたの上にのせてPCで目が疲れた時に湿布代わりに使っています。コットンの薄さと波状のカットが肌にいい感じでフィットするんですよ!

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)