家のみのプチ贅沢には、あけて一手間でご馳走になる缶つまがピッタリ

  • google
  • hatena
  • pocket

お小遣いで買えちゃうプチ贅沢

R25など、ちょっと大人な雑誌やテレビの情報番組は大学生の息子のバイブルです。雑誌に載ってるとなんでも真似したがります。
ゼミの面接に通って浮かれた息子は「お祝いしなきゃ」と前々から試したがっていたプレモルと缶つまの『缶つまプレミアム 日本近海どり オイルサーディン』を小遣いで買ってきました。

トッピングをのせてオーブントースターで焼くともっと美味しい

缶つまのオイルサーディンはそのままでも美味しいのですが、ひと手間加えるとご馳走感が増します。缶の余分なオイルを器に入れて軽くトーストしたバケットを添えます。サーディン自体にはスライスした玉ねぎ、パン粉、粉チーズをふってオーブントースターで焼きます。
缶つまの缶自体に模様が入っていないから、オーブントースターで焼いてもビニールなどの焦げるニオイがせず美味しくできる気がします。美味しそうな香りが漂って来たら、我慢できず、実力行使でご相伴にあずかることにしました。
untitled
缶詰は非常食というイメージがありますが、一手間加えて温めるとご馳走感がぐっと出ておいしく食べられます。
「大学生なのにプレモル飲んでる」と息子の浮かれた酒盛りを横目で見てた父さんには、今度プレモルと缶つまを家計から買ってこようと思います。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)