お気に入りのグミを食べると気持ちがリフレッシュします

  • google
  • hatena
  • pocket

月に10日、クレジットカード会社でオペレーターの仕事をしています。勤務時間は9時から14時の5時間。休憩時間は10分間です。

休憩は11時台なので、ちょうどお腹が空いてくる頃になりますが、10分しかないので、しっかりとしたランチはできません。
以前はおにぎりや菓子パンを食べていたのですが、仕事が終わる14時にはお腹が空いて、更にパンを食べてしまったり、おやつを食べてしまったりしていました。

短時間に2回、少量ずつとは言えおにぎりやパンを食べるので、結果的に食べ過ぎの状態です。
夕方になってもお腹がいっぱいで、夜ご飯の支度のやる気が出ない。とか、夜ご飯を普段と同じ量食べると、後で胃が痛くなってしまう。など、困った状態になることがよくありました。

休憩時間はグミを食べることにしました

先日テレビの情報番組で、グミが流行っていて沢山の種類が色々なメーカーから出ているという話を聞きました。
後日スーパーでお菓子の棚を見てみたら、本当に沢山の種類のグミが並んでいてビックリ。
1袋100円程度で購入出来て、小腹は満たせるけれど、カロリーは菓子パンよりも少ない。ということで、休憩時間はグミを食べることにしてみました。
すると、仕事が終わった後に菓子パンなどの軽食を食べても、後に響くことが無くなりました。

また、おにぎりや菓子パンは途中で残しづらいので、休憩時間中になんとか全部食べようと、無理に詰め込むようなことがありました。
グミはチャックになっていて、残してもこぼさずに席まで持っていけるので、休憩時間以外にも電話の合間にグミをつまむことが出来るようになりました。
電話と電話の合間に手軽に気分転換が出来るようになり、一石二鳥です。

スーパーやコンビニなどで買い物をしていても、次の出勤の時はどのグミを持っていこうと、グミを選ぶ楽しみが出来ました。

お気に入りのグミで、しっかりリフレッシュできます

グミの種類がとにかく沢山あるので、食感や味など色々と楽しめます。
適度な甘さで疲れた身体と心が癒されるし、お腹も少し満足します。たった10分間の休憩時間ではありますが、しっかりリフレッシュして新たな気持ちでその後の電話に対応できるようになりました。
グミは食べた後の口の中がさっぱりできるものが多い所も、お気に入りのポイントです。

ピュレグミ レモン味が最近のお気に入り

ピュレグミ レモン味はグミのまわりに酸っぱいパウダーが付いていて、この酸っぱさが胸をドキドキさせてくれます。酸っぱい味のグミを食べることで気持ちがシャキッとして、緊張感を取り戻すことができます。

仕事でずっと電話を取り続けていると気持ちがだれてしまうこともあります。
グミを食べると、酸っぱい味で胸がドキドキして更に目も覚める感じがするので、気分転換が出来るのはとても良いと思っています。

それと、このグミ自体はハート形のグミなのですが、たまに星形のグミが紛れていることがあり、それを発見した時にはちょっぴり得した気分になります。

T:ターゲット
気分転換が必要な人
O:オケージョン
休憩時間を少ししか取れない時
W:ウォンツ
小腹を満たしたい リフレッシュしたい
B:ベネフィット
気持ちをシャキッとさせることが出来る
P:プロダクト
カンロ株式会社 ピュレグミ レモン味

高1、中2、小6の3姉妹ママです。小さい頃はいつも一緒が当たり前だった子供達も、それぞれの世界が広がってきて、別々に過ごす時間が増えてきました。私も一人の女性としてこれからもっともっと外の世界に目を向ける機会を増やしていきたいと思います。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)