Original Update by ピーすけ

「soda stream」なら、いつでも作りたての炭酸水が飲めます

  • google
  • hatena
  • pocket

炭酸水のシュワシュワした刺激が大好きな私は、自宅用にペットボトルの炭酸水を常備し、普段の水分補給やウイスキーのソーダ割りなどで楽しんでいました。
コスパのことも考えて1Lのペットボトルを購入していたのですが、どんなにしっかり蓋を閉めていても最後にはガスが抜けてしまい、いつも残念に思っていました。
そんな時、私と同じく炭酸水が好きな友人に「soda stream」を勧められ、思い切って購入することにしました。

ボトルの使い分けと継ぎ足しで、飲み残しを防止できます

私が買ったセットには500mlサイズのボトルと1Lサイズのボトルが付属していました。

1人の時は500ml、家族や友人と飲む時は1Lと、飲む人数に応じてボトルを変えることで作る量を加減することができます。
もし時間が経って気が抜けてしまっても、水を継ぎ足して再度炭酸ガスを注入することで、またシュワシュワの炭酸水を飲むことができます。

炭酸の強さも思いのままです

本体に水を入れたボトルをセットし、上部のボタンを押すとノズルから炭酸ガスが注入されます。

数秒でガスが充満しブブッと音がしたら炭酸水の完成です。
炭酸を強めにしたい場合はもう一度ボタンを押して音がするまで待ち、弱めにしたい場合は1回目の音がする前にボタンを押すのをやめるだけで、自分の好みの強さにすることができます。

思わぬメリットもありました

炭酸水を箱買いしていた時は、1L×12本入りの箱を運ぶのが重くてとても大変でした。
soda streamにしてからはガスボンベの交換だけで済むので、以前のように腰を痛める心配をしながら運ぶこともありません。
大量に出ていたペットボトルのゴミも出なくなり、ゴミ捨ても楽になりました。

季節によって使用量に波はあるものの、1年半使った今では、soda streamは私の必需品です。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)