「開かずピンちゃん2」を使えば、こども服に名札のピンの穴が開きません

  • google
  • hatena
  • pocket

先日、小学1年生の子を持つ友人に「名札のピンですぐ服がダメになるんだけど、どうしてる?」と相談されました。名札はいつも同じ場所につける上、こども自身が名札を引っ張ってしまい胸の部分にすぐ穴が開いてしまうのだそう。
「夏のTシャツなんてあっという間にボロボロよ」とため息の彼女に、我が家の息子が入学以来使っている「開かずピンちゃん2」を教えました。

使い方は簡単です

まずは本体の回転リングに開いたピン穴に名札の安全ピンを差し込んで取り付けます。
これで準備完了。
名札をつけるときは内側ストッパーを服の内側から押し当て、本体の左右を押しながら本体裏の開口部に服ごと内側ストッパーの突起を押し込んで固定します。
とても簡単なので数回練習すれば、小学生くらいの子ならすぐにひとりでできるようになります。
息子の通う学校では名札を学校保管しているので朝夕自分で名札を付け外しするのですが、安全ピンが苦手だった息子も「指に針が刺さる心配がないから怖くないよ」と1年生の時から自分で付け外ししています。

針を刺さないので、服に穴が開きません

開かずピンちゃん2は本体と内側ストッパーで洋服を挟んで留めるので、薄手のTシャツやお気に入りの服にピンの穴があく心配はありません。
あまりにも厚い生地では難しいですが、冬物のトレーナーや薄手の上着くらいならしっかりと留めることができます。留めた名札を強く引っ張っても服が破れたことはありません。
開かずピンちゃん2を外すと、服の生地が留め具の形に少し伸びることがありますが、お洗濯してしまえば元通りになります。

防犯対策や紛失対策などもバッチリ

回転リングをくるっと回せば名札を裏返しにすることができるので、登下校時などに不特定多数の目から個人情報を守ることができます。
また、内側ストッパーのスペアが2つついています。付け外しの時などにうっかりストッパーをなくしてしまっても予備のストッパーがあるので安心です。

友人は「こんな便利な商品があるなんて、今まで知らなかった!」と、早速購入。
彼女のお子さんも、新学期から開かずピンちゃん2を使うのを楽しみにしているそうです。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)