シリコン素材のティアパフならお手入れ簡単!お化粧の度に清潔を保てて安心です

  • google
  • hatena
  • pocket

実は私、スポンジパフを洗うのが面倒で、今までリキッドタイプのファンデーションを直接、手に取って肌につけていました。

そんな私が最近、コンパクトに入ったクッションファンデーションをいただきました。それを使うとなると、どうしてもパフが必要になってきます。そこで、美容に詳しい友人に助言を求めたところ、「そんなに良いファンデーションを使うなら、シリコンパフが絶対オススメ!」と教えてくれました。

薬局に売っていると聞いたので、早速、近所のスギ薬局へ行き、「ティアパフ」を買いました。

染み込まないので無駄無く使えます


ファンデーションをパフにとってみると、シリコンなので表面につくだけでパフに染み込んでいきません。友人が「良いファンデーションならシリコンパフを使うべき」と言っていた意味がよくわかりました。これならファンデーションを無駄にせずにすむので長持ちさせることができます。また、今まで直接ファンデーションを触っていたので、メイク時に手が汚れていましたが、パフを使えばもちろん汚れません。朝のドタバタで娘に急に呼ばれても対応が早くなり、なんて快適なんだろうと思いました。

使いやすい形になっています

ティアパフの触り心地は柔らかく、お肌にもしっかりフィットします。それに、なみだ型になっているので、顔の部位によって使い分けができるので便利です。なみだの上の細い方や側面を使えば、目の近くや小鼻のわきなどの部分までしっかり届くことができます。逆側のなみだの下の方を使えば頬などの広い部分を一気に塗れるのです。

簡単お手入れができます

私がこの商品に一番期待していたのが使用都度、パフを洗えて清潔を保てることです。清潔にしておかないとプツプツと吹き出物が出てきてしまうので、肌に直接触れるものに関しては気を遣っています。ただ、スポンジパフを使っていた十数年前はもみ洗いをするのが面倒で何度か使ってから洗っていました。そうすると汚れが奥まで染みているので、洗っても完全には綺麗にできません。また、乾くまでに時間がかかるので、その間に雑菌が繁殖してしまう気がします。ティアパフなら水と石鹸でファンデーションがスルンと落ちて、乾くのも速いです。次に使うまでに乾くかなという心配もありません。手軽に洗えて清潔を保てて快適です。

パウダータイプのファンデーションですと、ティアパフではパフにとった時のくっつきが弱いのでスポンジパフの方が良いかもしれませんが、リキッドやクッションファンデーションですとティアパフがオススメです。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)