大人になりかけている子どもにも、笑える楽しいひと時を味わえる知育菓子ってやっぱりいいな

  • google
  • hatena
  • pocket

中2になった長男は学校と部活、塾で忙しく、すっかり友だちとの関わりメインの生活になっています。こうなる事は予想していましたが、おやつをゆっくり食べる暇がないです。

時間いっぱいの夏休みなら知育菓子をゆっくり楽める

夏休みのある日、一緒に買い物していた小4次男が知育菓子コーナーで目を輝かせながら

次男:久しぶりにやりたいな!
母 :夏休み時間いっぱいあるしね、いいよ
次男:じゃあ、これにしてみる!
母 :何でこれ?
次男:にょきにょき出てくる所を見てみたいから!
   と「にょきにょきコロロン」(クラシエフーズ株式会社)を2つ持ってきました
母 :兄ちゃんはもうやらないかもよ。別のお菓子でいいよ…
次男:兄ちゃんもやりたいでしょ!

と兄の分もかごに入れました。

中学生もまだ知育菓子好きなんだ

長男が合宿から帰ってきた翌日の部活オフ日に、次男が長男に「これ買ってきたよ!作ろう!」とにょきにょきコロロンを見せると「うほー、いいね~!」と予想以上に嬉しそうに作り方を読んでいました。

  • 水を用意してクリームのもとを入れ
  • しっかり混ぜる
  • グレープ・メロン・オレンジの3種のこなを入れ、カップのふちを押すとグニョっと出てきた!

以前は次男がちゃんと字が読めない部分もあり、初めて作る知育菓子は兄や私がいちいち説明しながら作っていました。でも今は自分で字が読めるので、自分のペースで作ることができるようになりました。また、パッケージの裏面の作り方が破れない様に注意して開けていたりするのを見て、小さな成長が発見できて面白かったです。

知育菓子は実験的で奥が深いから、やっぱり楽しい

ゾゾッとする思いがけないコロロンの登場の仕方に、3人で「うひょ~」と大笑い!

次男:なんだこの不思議な食感は!何とも言えない(笑)メロンがうまい!
長男:おれのはちょっと粉っぽいな、最初のこなをもっと混ぜれば良かったかも…
それにしても、ほんとすごいよな。色が変わったり、形が変わったり!
次男:次はスライムみたいのがあったから、やってみたいんだよね~   

と反省もあったようですが、やっぱり束の間の楽しいひと時を過ごしていました。

子どもが小さかった時にはよくあった、母子で同じモノで笑う時間は久しぶりかもと私にとっても楽しい15分でした(^^)

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)