話題の『ニトスキ』って何?調べてみたら、とにかく使えることが分かりました!

  • google
  • hatena
  • pocket

最近欲しいものの一つにスキレット鍋がありました。厚手の鉄製のフライパンで、焼いたり蒸したり色々使えて、調理したらそのまま食卓に出せるというもの。
レストランでアヒージョを注文した時に、スキレットに入ってアツアツの状態で出されたのを見て知ったのがきっかけです。

自宅でもアヒージョを作ってはいましたが、お皿に移すと食べているうちに冷めてしまうし、フライパンのまま出しても興ざめだし・・。
スキレットを買おうかな、アヒージョ以外にも使い道があるのかな、我が家の食生活に合ってるのかなと思って、インスタグラムで調べてみました。

ニトリで販売されているスキレットが人気

#スキレット#スキレット料理で検索していると#ニトスキというキーワードが出てきました。
ニトリで販売されているスキレット鍋が人気でレシピ本まであるそうです。いつものハンバーグも、こうやって出すとレストランみたい。ジュージュー美味しそうな音が聞こえてきそう。
音もご馳走ですよね。

お好み焼きも出来るやん!

関西人の我が家にとって、お好み焼きは欠かせないメニュー。
家族で一緒にホットプレートを囲んで焼けばよいのですが、大きくて重くて出したり仕舞ったりが面倒。最近は夕食の時間がバラバラなこともあって、フライパンで一枚づづ焼いてお皿に盛りつけて出すという形になりがちでした。

ただ、どうしても食べているうちに冷めてきてしまうのが悩みの種。
ニトスキを使えば最後まで冷めることなく、アツアツの状態でお好み焼きをハフハフ頬張って食べられるなんて嬉しい!

ニトスキを使ってこんなスイーツも出来る

スキレットで焼くパンケーキやフレンチトーストも美味しそうです。
アップされた画像を見ていくうち、スキレットスモアというスイーツがあることを知りました。
マシュマロとチョコを使って簡単に出来て、クラッカーやビスケットに浸けながら食べるもの。
疲れが溜まって、「とにかく甘いものが食べたい・・」と身体が欲する時に良さそうです。

https://www.instagram.com/p/BFSghEkPx40/?hl=ja

自分でも買っちゃいました

調べていくうちにどうしても欲しくなって、これは買わなきゃとニトリに直行しました。
サイズは15センチのものと19センチの2種類あり、夫も私もよく食べるので19センチの方を購入しました。

使い初めにシーズニングと言う、鉄の匂いを取り去り油を馴染ませる作業をした後、試しに石焼ビビンバを作ってみました。
ご飯のおこげも上手く出来て、上に冷たいナムルやキムチ、温泉卵を乗せても最後までアツアツ状態で食べられました。

ntsk2

大人ばかりで個食になることも多い我が家にとっては、一食づつ調理出来る点がとても便利。
ワインやビールのお供に色々な食材のアヒージョを作っておうちバルを楽しめそうだし、良いお肉をステーキにしてちょこっと食べたい時にも使えそう。

食卓に出すと視覚、味覚だけでなく、聴覚や嗅覚まで刺激されて食欲が湧いてきます。
調理してそのまま食卓に出せるので洗い物も減らせるのも助かります。さあこれからニトスキを使ってナニ作ろう?とワクワクしてきました。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)