『巣鴨 古奈屋カレーうどん』は、誰でもおいしく作れます

  • google
  • hatena
  • pocket

家族が皆カレーが好きなので、我が家の食卓にはカレー料理がよく登場します。で、市販のルーを利用しているので胸を張れませんが、たびたび作るカレーライス、タイカレー、ドライカレーなどはどれもなかなかおいしいと家族にも褒められます。が、何度チャレンジしても休日ランチに作るカレーうどんだけは、カレーもおいしいし、うどんもおいしいのに、合体するとまずくはないと言う微妙なレベルの味に仕上がり、悔しく思うのが毎回のことでした。なので、娘たちも大学生になった結婚20年目ぐらいからは、カレーうどんは我が家では外食メニューになっていました。

長女に教えてもらいました

昨秋のある日、結婚して3年目の長女から、すごくおいしいカレーうどんを作ったよとメールが着きました。親の欲目でもさほど料理が上手でない娘がどうしておいしいカレーうどんを作れるのか?と疑問でしたが、あの娘が作れるのなら私も作りたいと思い電話で作り方を聞きました。すると、「結婚する前に二人でお店に行って感激した古奈屋さんのカレーうどんをスーパーで見つけたから作ってみたら、すごく簡単なのにいい味なの。」と弾んだ声で紹介してくれたのが、『巣鴨 古奈屋カレーうどん』です。実は、私も前からこの商品は気になっていたのですが、2人前が400円近くしてチルド麺としては値がはりますし、自分で作るカレーうどんのトラウマもあり買うには至っていませんでした。でも、そんなにおいしいならと我が家でも買ってみました。

『巣鴨 古奈屋 カレーうどん』とは

『巣鴨 古奈屋カレーうどん』の中身は、うどん、調味料、とびきりスパイスに分かれています。

作り方は、沸騰した250ml のお湯でうどんを1分30秒茹で、スープ調味料を入れ、弱火でかき混ぜながら1分30秒煮込めば出来上がりです。うどんを湯切りする必要もなく、アレレ?というぐらい簡単に出来上がります。なのに、肝心の味は、クリーミーでまろやかなカレーがうどんによく絡みますし、鰹節をベースにした出汁も味わえるので、家族皆で、さすがに名店古奈屋さんの監修だねと大絶賛しながら食べました。ちなみにそのまま食べるとやさしい味わいなので、辛いカレーが苦手な方でも召し上がりやすいと思います。ただ、もっとスパイシーな味がお好きな方には、お好みでうどんにかけられるとびきりスパイスがお勧めです。かなり深みのある辛さが味わえるので、スパイスをふりかければ辛いカレー好きにはたまらない味になります。

我が家は休日のお昼は、麺類をよく食べるのですが、長女に教わって以来、月に一度は『巣鴨 古奈屋カレーうどん』を家族でいい味だねと言いながら食べています。カレーうどんを外で食べる時は、カレーのシミがつかないかひやひやするから、やっぱり家で食べるのがいいなと夫も次女も喜んでいます。体がポカポカするおいしいカレーうどんは寒い時期には嬉しいご馳走なので、お勧めです。

 

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)