リリース

2016.07.05

2016.08.02 更新

SNSの情報を参考に料理した経験がある人は半数近く
~ 「SNSと料理」に関する調査結果を発表 ~

株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:高栖祐介)は、自社のインターネットリサーチサービス『myアンケートlight』を利用し、全国の30代~40代の既婚女性を対象に「SNSと料理」に関するWEBアンケートを実施いたしました。調査期間は、2016年6月15日(水)~6月17日(金)。有効回答は1,000人から得ました。

調査サマリ

  • 30代既婚女性のおおよそ4人に1人がFacebookを利用している
  • SNSで見た料理を作ったり、参考にしたことが「ある」人は半数近くに
  • SNSで話題になった料理の認知ナンバーワンは「おにぎらず」
  • SNSに投稿した写真が、企業のサイトで紹介されると嬉しい人は82.2%にのぼる

■30代既婚女性のおおよそ4人に1人がFacebookを利用している

30代~40代の既婚女性で、Twitterを月に1回以上利用する人の割合は29.3%、Facebookは34.8%、Instagramは17.0%という結果となり、この3つの中でもっとも利用されているのはFacebookという結果になりました。(図1)

年代別に見ると、40代既婚女性が最も利用しているFacebookは月に1回以上利用する人の割合は26.0%、Twitterは25.6%となっていますが、Instagramは11.4%とあまり浸透していないようです。

一方、30代既婚女性は、Facebookを月に1回以上利用する人の割合は43.6%、Twitterは33.0%、Instagramは22.6%と、40代と比較すると多くの人が利用していることが分かりました。

【図1】Twitter、Facebook、Instagramの利用頻度(単一回答・n=1,000)

図1

■SNSで見た料理を作ったり、参考にしたことが「ある」人は半数近くに

次に、SNSで入手した情報が行動に影響を及ぼしているかを確認するために、SNSで見た料理を作ったり参考にしたことがあるか聞きました。結果、「ある」と回答した人は42.4%と約半数近くにのぼり、SNSに影響を受けて行動している人が多数いることが分かりました。(図2)

また、購買行動についても、SNSの影響を受けている人が多く、SNSで見た食品や調味料を購入したことが「ある(21.0%)」と回答した人と、「購入したいと思ったが購入していない(27.0%)」と回答した人を合わせるとほぼ半数(48.0%)になり、SNSの情報は多くの人に影響を与えているようです。(図3)

【図2】SNSで見た料理を作った経験
(単一回答・n=467)

図2

【図3】SNSで見た食品・調味料を購入した経験
(単一回答・n=467)

図3

■SNSで話題になった料理の認知ナンバーワンは「おにぎらず」

SNSで話題になった料理名・調理グッズについて認知をうかがったところ、認知率ランキングは以下のとおりとなりました。(表1)

【表1】SNSで話題になった料理名・調理グッズの認知(複数回答・n=1,000)

表1

また、SNSで話題になった料理名・調理グッズについて、見聞きした媒体などについてたずねました。認知率が72.1%と最も高かった「おにぎらず」は、『最近テレビで取り上げられた』(25.8%)と回答した人の方が、『SNSで話題になった』(15.8%)と回答した人よりも多く、10ポイント高くなりました。

一方、認知率が11.9%の「沼サン」は、『SNSで話題になった』(39.5%)と回答した人の方が、『最近テレビで取り上げられた』(22.7%)と回答した人よりも多く、「おにぎらず」とは逆の結果になりました。(図4)

SNSで話題になったものがテレビで取り上げられることで広まっていく最近の流れを表わす結果となりました。

【図4】SNSで話題になった料理を見聞きした媒体など(複数回答・n数は各料理の認知人数)

図4

■SNSに投稿した写真が、企業サイトで紹介されると嬉しい人は82.2%にのぼる

SNSに自身の料理や気に入った食品などを投稿したことがあるか聞いたところ、「ある」と回答した人は17.4%となりました。(図5)さらに、投稿した写真やレシピが、企業のサイトで紹介されたら嬉しいか確認したところ「とても嬉しい」と回答した人が42.0%、「まあ嬉しい」と回答した人が40.2%となり、嬉しいと感じる人が大多数(82.2%)を占めています。(図6)

投稿した写真を企業が取り上げてくれることを嬉しく思う人は多く、企業が生活者の声に耳を傾ける姿勢を生活者が好ましく思っている様子が伺えます。

【図5】気に入った食品等をSNSに投稿した経験
(単一回答・n=1,000)

図5

【図6】企業にSNS投稿が取り上げられることを嬉しく思うか
(単一回答・n=174)

図6

■本調査の取得項目

  • Twitter、Facebook、Instagramの利用頻度
  • 利用しているSNSの魅力ポイント
  • SNSで見た料理の実践状況
  • SNSで見た食品・調味料の購入状況
  • SNSで見た調理の購入状況
  • SNSで話題になった料理・調理グッズの認知
  • SNSで話題になった料理・調理グッズを見聞きした媒体
  • SNSで話題になった料理・調理グッズを知った時期・経緯
  • SNSで話題になった料理の実践状況
  • 前問の料理を作った理由
  • SNSへの自身の料理や、気に入った食品等の投稿有無
  • SNSに投稿した写真やレシピが、企業のサイトで紹介されたら嬉しいか
<アンケート概要>
「SNSと料理」に関するアンケート
●調査期間: 2016年6月15日(水)~6月17日(金)
●調査手法: ドゥ・ハウスのインターネットリサーチサービス『myアンケートlight』を利用。全国の30代~40代の既婚女性を対象に有効回答を1,000人から得た。

詳細な調査結果を無料でご覧頂けます。下記からお申し込みください。

調査結果専用ページのご案内

調査結果専用ページでは、下記の機能を自由にお使いいただけます。

単純集計・グラフ・
自由回答の閲覧
集計表の
ダウンロード
WEB画面上で
クロス集計

お申し込み

下記お問い合わせフォームよりご送信いただく、お客様の個人情報は、当社の個人情報の取扱いに従い、厳重に取り扱います。

は必須項目です。

貴社名
部署名
氏名
電話番号
メールアドレス
調査実施のご経験

Column&CaseStudy-聞く技術研究所の記事より
Positive Post-主婦マーケターによる商品体感ストーリー

TOP