リリース

2014.04.03

「食後のデザート」に関する調査結果を発表
食べる頻度は、“東高西低”の傾向
昼食後に食べる割合は、男性より女性の方が約2割高い

株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:稲垣佳伸)は、自社のネットリサーチサービス『myアンケートlight』にて20代~60代を対象に、「食後のデザート」に関するアンケートを実施いたしました。調査期間は2014年1月23日(木)~1月27日(月)。有効回答は1,747名から得られました。

調査結果サマリー

  • 「食後のデザート」を食べる頻度は、“東高西低”の傾向に
  • 食べるタイミングは、「夕食後」が8割以上。「昼食後」は、男女で約2割の差
  • 「幸せを感じるデザート」のキーワードは“贅沢”、“特別感”

「食後のデザート」を食べる頻度は、“東高西低”の傾向に

「食後のデザート」を食べる頻度について聞いたところ、全体では「週に2~3日程度」が21.8%で1位、次いで2位が「週に1日程度」で17.4%、3位に「ほぼ毎日」で14.4%となりました。

「週に1日以上(「ほぼ毎日」「週に4~5日程度」「週に2~3日程度」「週に1日程度」を足した割合)」食後のデザートを食べていると答えた方が、全体で6割以上いました。

「週に1日以上」の割合を7都道府県別にみると、北海道で67.3%と一番高く、西に行くほど少しずつ減少し、福岡県で58.7%と一番低い割合となっています。このことから、食後のデザートを食べる頻度は“東高西低”という傾向があると言えそうです。(図1)

【図1】 普段「食後のデザート」を食べる頻度(単一回答) <7都道府県別>

食べるタイミングは、「夕食後」が8割以上。「昼食後」は、男女で約2割の差

「食後のデザート」を食べるタイミングは、「夕食のあと」が1位で82.9%、2位が「昼食のあと」で30.9%、3位が「朝食のあと」で12.9%となっています。

性別でみると、「朝食のあと」「夕食のあと」はあまり男女差がないのに対して、「昼食のあと」食べる割合は、男性よりも女性の方が2割近く高いことが分かりました。

7都道府県別にみると、「昼食のあと」食べる割合は、最も高いのが大阪府で37.0%、最も低いのが宮城県で25.7%と1割以上の差があります。また「朝食のあと」は、東京都が17.0%で最も高く、最も低いのが大阪府の6.1%で、こちらも同様に1割以上の差がありました。「夕食のあと」はどの都道府県でも8割前後とあまり差がないのに対して、「朝食のあと」と「昼食のあと」は、エリアによって若干のバラつきがあるようです。(図2)

【図2】 「食後のデザート」を食べるタイミング(複数回答) <7都道府県別>

「幸せを感じるデザート」のキーワードは“贅沢”、“特別感”

最後に「幸せを感じるデザート」について聞いたところ、ケーキ(チョコ、ショート、チーズ、モンブラン)、フルーツ、アイスクリーム、プリン、シュークリーム、和菓子、チョコ、ヨーグルトなど、さまざまな回答が見られました。たとえば、「いたがきのシフォンケーキを食べると、ふわふわ感が半端無いです。生クリームを乗せると優しい気持ちでシアワセな気持ちになります。(52歳/宮城県)」「果物を食べるとその季節を実感し幸せ気分になる(58歳/愛知県)」「寒い冬に暖かい部屋で食べるハーゲンダッツのアイスクリームは、ちょっとだけ贅沢な気分になれます。(39歳/愛知県)」など、回答者それぞれのこだわりが垣間見えます。

「デザートを食べて幸せを感じる場面」については、「一日のご褒美に」「子供が寝てホッとした時間に」「こたつの中で、テレビを見ながら」といった場面で贅沢感や特別感を感じている様子が伺えました。食べる際のシチュエーションも大事なようです。「ちょっとお高いアイスクリームを食べると、特別な感じがして贅沢な気分になります。子供たちを寝かせた後の、ちょっとしたご褒美に食べるアイスが最高です。(33歳/宮城県)」「育児で疲れたときに甘いデザートをご褒美に買います!次はアレを食べよ~って楽しみになると、子育ても頑張れます。(33歳/福岡県)」など。

また、「一人の空間でコンビニスイーツなどを食べるのが好き。日々の雑事を一時忘れられる。(24歳/愛知県)」など、コンビニの限定スイーツも贅沢感、特別感を感じられるデザートとして人気がありました。

その他、「プリンやロールケーキなどのスイーツはたまに食べたいけど消費期限が近くなった半額品があるときに購入します。食べ過ぎなくなるし財布にも安心。(49歳/愛知県)」など、スーパーなどで値引きされたデザートを食べる時に幸せを感じる方や、「フライパン一つで手軽にできるが、ホイップクリームや果物を子供たちや主人と一緒にデコレーションして食べるホットケーキは楽しくて、おいしさも倍増する。(36歳/東京都)」のように、家族みんなで手作りのデザートを楽しむことに幸せを感じている方もいました。

調査結果の活用について

当社では今回の調査結果を、レシピ投稿サイト『レシピtwit(https://recipetwit.jp/)』内でも周知しながら、生活者(会員)からのレシピと写真投稿を募集する予定です。本サイトの活動が、皆様の毎日の献立作りや食卓の充実(季節感や満足感の向上)に少しでもお役に立てればと考えております。

<アンケート概要>
「食後のデザート」に関する調査
●調査期間: 2014年1月23日(木)~1月27日(月)
●調査手法: 自社のネットリサーチサービス『myアンケートlight』にて20代~60代を対象に調査を実施。有効回答は1,747名から得られました。

■関連サービス
ふだんの生活現場で消費者の声を聞きたい…キッチン・グルイン
消費者の「今」を気軽にキャッチしたい…myアンケート

Column&CaseStudy-聞く技術研究所の記事より
Positive Post-主婦マーケターによる商品体感ストーリー

TOP