プレスリリース

2013.2.14

「主婦のランチ」に関するアンケート結果を発表
→平日の外食ランチは「月1日程度」、平均予算は「1,500円未満」
→1人での自宅ランチは「前日までの残りもの」で済ませる主婦が約5割

 株式会社ドゥ・ハウス、モラタメ事業部(東京都港区 代表取締役:稲垣佳伸)では、自社のインターネットリサーチサービス『myアンケートASP』を利用し、全国の『モラタメ.net®』会員のうち25歳~59歳の女性を対象に「主婦のランチ」に関するWEBアンケートを実施いたしました。調査日は2013年1月18日(金)。有効回答は1,195人から得ました。

調査サマリ

  • 主婦が平日に外食ランチをするのは「月1日程度」、場所は「カジュアルな西洋料理店」または「ファミリーレストラン」。平均予算は「1,500円未満」が88.6%
  • 注文で見栄をはった経験があるのは4人に1人。
    理由は、「まわりの友達にあわせて、空気を読んで」「ケチな人と思われたくない」から
  • ランチ外食にオシャレをする人は約7割
  • 平日の自宅ランチは「前日までの残りもの」で済ませる主婦が約5割。
    自分のランチ用に料理する人は約2割。
  • 休日の家族と一緒の自宅ランチは、「手作りのワンプレート料理」が大多数で77.1%。
    ここぞというときに作る、自信のあるランチメニューは「パスタ」が断トツ!

■平日に外食ランチをするのは「月1日程度」、場所は「カジュアルな西洋料理店」または「ファミリーレストラン」で。平均予算は「1,500円未満」が88.6%

主婦に平日の外食ランチについて調査したところ、頻度の1位は「1ヶ月に1日程度(26.9%)」、2位「2ヶ月に1日以下(20.3%)」、3位「2週間に1日程度(18.9%)」という結果でした。ランチでの外食はたまのご褒美で、日頃はつつましく生活している主婦が大半であることがわかります。(図1)

【図1】Q.平日、あなたが外食ランチする頻度はどのくらいですか。(単一回答)

また、お店はイタリアンやフレンチ等の「カジュアルな西洋料理店(25.7%)」が最も多く、次いで「ファミリーレストラン(23.5%)」「カフェ(21.7%)」の順でした。(図2)

【図2】Q.平日、あなたは外食ランチをする時どんなお店に行くことが多いですか。(単一回答)

平均予算は1位「1,000円~1,500円未満(48.0%)」、2位「1,000円未満(40.6%)」となりました。(図3)
あまり堅苦しくなく、お財布にも優しい、時間を気にせずゆっくり過ごせるお店が好まれているようです。

【図3】Q.平日、あなたがランチ外食をする時の平均予算はどのくらいですか。(単一回答)

■平日のママ友との外食ランチは「友達を増やしたり友情を深めるコミュニケーションの場」

平日に外食ランチをする際、誰と一緒に行くことが多いかを尋ねたところ、1位「ママ友(子どもが小さかったり、手のかかる子どもがいる同士の友達)(26.7%)」、2位「家族(夫や子供、実家の家族等)(24.1%)」、3位「主婦友(子どもがいない、もしくは子どもが自立や結婚をしていること。また近所の知人を含む友達)(19.1%)」となりました。ママ友、主婦友の合計で45.8%と、約半数の人が何らかのお付き合いのある主婦と一緒に外食ランチをしていることがわかりました。

また、ママ友と一緒に外食ランチをする目的で最も多かったのが「友達を増やしたり友情を深めるコミュニケーションの場(69.2%)」と約7割にのぼりました。次いで「美味しいものを食べるのが好きだから(52.2%)」「子どものお受験事情や教育、その他情報収集(37.3%)」の順でした。
「単なるおつきあい」と回答した人は6.5%、「参加しないと仲間はずれにされるから」と答えた人は1.1%と、参加理由にネガティブな理由を選ぶ人は少数でした。みなさん積極的に外食ランチを楽しんでいるようです。

■注文で見栄をはった経験があるのは4人に1人。理由は、「まわりの友達にあわせて、空気を読んで」「ケチな人と思われたくない」から

外食ランチの際、周りに合わせて予算オーバーのメニューを注文するなど、見栄をはったことがある人は約4人に1人(24.2%)でした。

理由は、「自分だけ低価格のメニューを注文すると、無理に参加していると思われるのが心配」「ケチだと思われたくない」「みんなと一緒のものが食べたいし、せっかくの機会なので我慢したくない」「みんなと違う物を注文すると料理を運んでくる時間帯や品数が変わってしまって色々面倒」「みんなと違うメニューを頼むと、子どもが他の人のものを欲しがったりして大変」といった声があげられました。

周囲とのバランスを考えたり、周りからの評判を気にしたりして予算オーバーのメニューを頼むケースが多いようです。ただし、食事そのものを楽しむために予算オーバーする場合は、「見栄をはるというより、相手に合わせて気持ちよく食事をしたいから。日頃のやりくりの中でどうにかなる程度のオーバーしかしない」と家計の中でしっかり調整している人も目立ちました。

■平日の自宅ランチは「前日の残り物で済ませる」主婦が約5割。自分のランチ用に料理する人は約2割。

自宅で一人でランチをするときの食事内容で最も多かったのは「前日までの残りもの(47.4%)」、続いて2位「自分のランチ用に作ったもの(19.6%)」、3位「インスタント食品や冷凍食品(17.7%)」となりました。(図4)

平日の自宅ランチで食べるものについては、手軽かつ家計に負担をかけないものを選ぶ主婦が多いようです。少数意見としては「ダイエットをしたいので食べないときもある」「毎日夕方近くまでジムにいるのでフルーツかカロリーメイト(栄養補助食品)程度」「お菓子をランチ代わりに食べる」といったものがあげられました。

【図4】Q.平日、あなたが自宅で一人でランチを食べるときはどんな食事の内容が多いですか。(単一回答)

■休日の家族との自宅ランチは、「手作りのワンプレート料理」が大多数で77.1%
ここぞというときに作る自信のあるランチメニューは「パスタ」が断トツ!

休日に家族と自宅でランチを食べるときの食事内容について聞いたところ、1位は「手作りだが、チャーハンや焼きそば、そば、うどん等のワンプレート料理(77.1%)」となりました。夕食等と同じように「数品つくる」は10.1%でした。夫や子供のお世話で多忙なランチタイムは、さっと手早く作れるワンプレート料理が選ばれるようです。(図5)

【図5】Q.あなたが、休日に夫と子どもと自宅でランチを一緒に食べるときは、どんな食事の内容が多いですか。(単一回答)

ここぞという時に作る自信のあるランチメニューについては、「ペペロンチーノ」「ナポリタン」「カルボナーラ」「ミートソース」「カニのトマトクリームパスタ」「明太子クリームパスタ」など、多種多様のパスタをあげる人が大多数でした。また、ご自身でパンを焼く人も多く、手作りパンを使ったメニューをあげる人も目立ちました。他にも「スペアリブ」「オムライス」「ベランダで育てたルッコラやベビーリーフを使ったサラダ」「ホームベーカリーで生地を作り、自宅のオーブンで焼き上げるピザ」「韓国風海苔巻き」など、食欲をそそる美味しそうなメニューがずらりと並びました。中には「自家製のローズマリーに漬けて焼くローストポーク」や「参鶏湯(サムゲタン)」「本格ラーメン」「本格グリーンカレー」といった凄腕を持つ人も。

このアンケートを通じて、多くの主婦が上手に家計や時間をやりくりし、自分一人のときはメリハリをつけて、友達や家族とのランチを楽しんでいる様子がうかがえました。また、月に1度過ごす外食ランチの時間は、コミュニケーションを円滑にしてくれる、主婦にとって貴重なひとときといえるのではないでしょうか?

関連サービス
トライアー獲得、WEB上でクチコミを広めたい…モラタメ
消費者の「今」を気軽にキャッチしたい…myアンケート


TOP