新商品・その他リリース

2019.11.26
更新 2019.12.06

3年後のヒット商品を発想する実践ワークショップを
2019年12月17日・18日の2日間で開催

~ 新商品アイデアを「生活者のウォンツ」と「社会課題」から考える ~

株式会社ドゥ・ハウスは、事業開発や商品開発のご担当者さまを対象とした「3年後のヒット商品を発想する実践ワークショップ」を2019年12月17日・18日の2日間に開催いたします。

セミナー概要

事業開発や商品開発のご担当者さまに向けた実践ワークショップです。生活者がだいたい満足な生活をおくる成熟した社会において、事業や商品開発のヒントは、生活者の細やかな欲求(ウォンツ)と、大きな社会課題の中にあります。

本プログラムでは生活者ウォンツをデータから読み解くことで把握し、それを社会課題と掛け合わせて3年後の生活をより良くする事業・商品を発想する実践ワークショップを体験いただけます。

ワークショップでは参加者のみなさまの他に、主婦マーケターDOさん、当社スタッフが参加し、ディスカッションを交えつつ行ってまいります。

セミナー対象者

  • 事業開発のご担当者さま
  • 商品開発のご担当者さま

プログラム

-1日目:生活者ウォンツの把握:ワークショップ

今ヒットしている商品を題材に、フィールドマーケターDOさんが開発した192の使用場面のデータを読み込みます。ヒットの背景にある生活者のウォンツを明らかにするためにデータの構造化を行います。

-2日目午前:社会課題の把握:講演&ディスカッション

経済や環境などを切り口に、少し先の社会の変化を考察する「よげんの書」にて社会課題を共有します。「よげんの書」は作成者のソーシャリング・ラボ大久保惠司氏に講演いただきます。

-2日目午前:アイデア発想:ワークショップ

生活者のウォンツと社会課題を把握した後に、ワークシートを活用して、各自事業・商品をアイデア発想します。アイデアの領域は自由テーマとし、自社関連でもその他でも可とします。

-2日目午後:懇親会

参加者のみなさまとDOさん、スタッフによる懇親会を予定しています。2日間のワークショップの成果をリラックスした雰囲気の中で、自由にお話しいただく時間です。軽食をご用意いたします。

後日納品

ワークショップの結果をまとめたレポートを、後日データにてご納品いたします。

開催内容詳細

● 日 時:

12月17日(火)・18日(水)の2日間 両日とも10時開始・18時終了

● 会 場:

東京都港区浜松町1-11-6 吉和田ビル4階 インタビュールーム浜松町

● 申 込:

以下URLのフォームよりお申込みください
https://www.dohouse.co.jp/dh_seminar/s41-ks01/
※2日間通してご参加いただける方のみお申込みいただけます。

● 定 員:

12名
ご応募者多数の場合はお席をご用意できない可能性があります。

● 費 用:

8,000円(税込・2日間)

● 問い合わせ先:

kaitai_seminar@dohouse.co.jp
株式会社ドゥ・ハウス セミナー事務局

講師紹介

●大久保惠司氏

大学卒業後、広告代理店にてプランナーとして大手電機メーカー等の広告・販促プロジェクトを手がける。
1991年に独立。主にハイテク系企業の広告・PR企画業務に従事。
1997年に株式会社ウォータースタジオに取締役チーフプロデューサーとして参画。あらゆる業界のブランディング・商品開発プロジェクトを手がける。

2008年、株式会社コプロシステムにおいて、主に商品開発系のマーケティングを支援する「商品計画研究所」を立ち上げ、多数のプロジェクトに参画。その後、ブランドとUX(User Experience)の融合を提案する「コプロシステム Brandux Design」において、携帯電話キャリア、電機メーカー、食品メーカー、住宅メーカー等、様々な企業のブランディング、商品開発、サービス開発に関するプロジェクトを多数手がける。

2018年、株式会社コプロシステムの取締役を退任。フリーエージェントとしての活動を開始する。新たな活動拠点として「ソーシャリング・ラボ」を立ち上げ代表となる。

2003年、2016年、Good Design賞を受賞

●DOさん9名

DOさんは好奇心あふれるフィールドマーケターです。彼女たちは「大卒以上の主婦が中心となって」「豊富な事実データとチャンス発見情報の収集トレーニングを終え」「定性情報の類型化処理の基本を学び」「全員インターネット・メール・ソーシャルメディアを使いこなし」ます。