「聞く力」

ドゥ・ハウスの全てのサービス、研修のベースに「聞く力」があります。
「聞く力」は物事をあるがままに受け入れ、その受け入れたモノや相手になってみて感じ、そこで感じた様をそのままに表現する運動のことです。

「聞く力」5つの要素 5.黒い粘土と白い粘土を見る

黒い粘土とは「私は正しい」という主張です。

定性データを開発する時には、この「黒い粘土」にデータがまみれないように私たちは留意します。先入観を排除し、読み手があたかもその場、その立場にいるような臨場感を与えるリアルで生々しいデータを開発することを重視します。

Column&CaseStudy-聞く技術研究所の記事より
Positive Post-主婦マーケターによる商品体感ストーリー

TOP