秋の味覚といえば、どんな食べ物をイメージしますか?

秋の味覚

『秋刀魚』が約7割、『栗』が5割以上 ~自主調査結果から~

ドゥ・ハウスでは、自社のネットリサーチサービス『myアンケートlight』にて2012年9月に「秋の味覚」に関するアンケートを実施いたしました。今回は、その結果をご紹介します。

■ 調査結果サマリー

全体では「秋刀魚(さんま)」が70.6%、「栗」が53.4%と、3位の「柿」の30.9%を大きく引き離しており、2強の印象を受けました。4位には「梨」が28.6%で続き、上位5位のうち果物が2種類ランクインしています。5位は「お米(新米)」の20.3%で、6位の「さつまいも」や7位の「きのこ」を僅かながら上回っています。一方で、茄子(なす)や銀杏(ぎんなん)、カツオ(戻り鰹)を選んだ方は7%を割り込む結果となりました。「里芋(さといも)」も年間を通じて流通しているせいか、秋の味覚として思い浮かべた方は2.1%と、最下位になっています。

1.秋といえばやっぱり「秋刀魚(さんま)」、2位の「栗」にも約17%の差

過半数以上の回答を獲得したのは、「秋刀魚(さんま)」と「栗」の2品のみでしたが、その中でも「秋刀魚(さんま)」の支持は7割以上と、2位である「栗」との差も大きく、まさに『秋の代名詞』であることを裏付ける結果となっています。同じ“魚”のカテゴリーでありながら、「鮭(秋鮭)」が9.1%、カツオ(戻り鰹)が4%であったことからも、秋と「秋刀魚(さんま)」の結び付きの強さが伺えます。尚、「栗」を選んだ回答者の内、約6割以上が女性であったことも見逃せません。

2.「りんご」や「かぼちゃ」、「里芋(さといも)」の支持は低調に

“果物”のカテゴリーで言うと3位の「梨」、4位の「柿」の他、8位に「ぶどう」が18%の支持を得て10位以内にランクインしているのに対し、「りんご」は5.4%で12位でした。また、「かぼちゃ」は「さつまいも」や「栗」と同様に、女性からの支持率が高いものの、こちらも全体としては4.7%と5%にも届いていません。最下位になった「里芋」や7位になった「きのこ」などは、品種改良や生産技術の向上により、季節を問わずに購入できるようになったことも影響しているように感じられました。

<調査概要> 秋の味覚に関するアンケート 調査期間: 2012年9月26日~2012年10月1日 調査手法: 自社のネットリサーチサービス『myアンケートlight』にて全国の20代~60代の男女にWEBアンケートを実施。1,976名から回答を得た。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

聞く技術を中心に据えたマーケティング事例を紹介します。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる