Last Minute Surge in Demand~消費税率8%引き上げ前の駆け込み需要はあるのか?

目次

■調査内容

    2014年4月1日、消費税率が8%に引き上げられます。2013年10月、安倍首相が財政再建のための増税を表明しました。1997年以来の引き上げです。 増税を前に、駆け込み需要はあるのでしょうか?全国10,000人を対象に実施した調査結果をご覧ください。

■回答者プロファイル

  • 性別:男女
  • 年齢:20~69歳
  • 未既婚:不問
  • 居住地:全国
  • 職業:不問

■調査結果総括

今回提示した41カテゴリのいずれかをまとめ買いをする割合は40%程度。増税前に一定規模のまとめ買いが発生する可能性が高い。なお、まとめ買いの規模は商品カテゴリによって異なる。 まとめ買いは1月下旬にはじまり、2月になって本格化、3月下旬に最大化する。また、「普段と同じチャネルで、普段と同じブランドを購入する」という購買パターンが大半を占めると考えられる。したがって、2月までに商品のトライアルを拡大し、「普段のブランド」というポジションを獲得することができれば、3月には大量のリピートが期待できるといえる。
1_調査結果総括

※クリックで大きなグラフが見れます

■調査結果詳細(全体傾向)~普段自分で購入する商品カテゴリ

「いずれもまとめ買いをしたいとは思わない」の割合は59.5%にとどまり、いずれの属性でも30~50%の人がまとめ買いしたいと考えている。特に、『女性30代』~『女性50代』では、約半数の人がまとめ買いを検討している。 最もまとめ買いされる可能性が高いのは「インスタント食品」の13.7%。次いで、「洗面・バス用品(洗顔料、シャンプー、リンスなど)」13.5%、「基礎調味料(砂糖、塩など)」12.8%が続く。
2_普段自分で購入する商品カテゴリ
※クリックで大きなグラフが見れます

■調査結果詳細(全体傾向)~増税前にまとめ買いをしたいと思う商品カテゴリ

全体的に『女性30代』~『女性60代』の割合が高い。 「パソコン関連用品」は『男性40代』~『男性60代』の割合が高く、例外的なカテゴリとなっていることがわかる。また、『男性20代』『女性20代』は「いずれも自分では購入しない」の割合が高い。
3_増税前にまとめ買いをしたいと思う商品カテゴリ
※クリックで大きなグラフが見れます

■調査結果詳細(商品カテゴリ別)~レトルト食品の駆け込み需要予測

まとめ買いをする割合は11.5%と高く、駆け込み需要対策は必須といえる。 まとめ買いは3月上旬に本格化し、3月下旬に最大化する。また、「普段と同じチャネルで、普段と同じブランドを購入する」という購買パターンが大半を占めると考えられる。したがって、2月までに商品のトライアルを拡大し、「普段のブランド」というポジションを獲得することができれば、3月には大量のリピートが期待できるといえる。
4_レトルト食品の駆け込み需要予測
※クリックで大きなグラフが見れます
レトルト食品以外の詳細結果をご覧になりたい場合は、当社までお問い合わせくださいませ。  

■関連サービス

myアンケート

30年のリサーチ経験から蓄積したノウハウを活かし、調査設計から実査までしっかりサポートします ・カタログのダウンロードができますお問い合わせはこちらです

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

聞く技術を中心に据えたマーケティング事例を紹介します。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる