「三国志」の勢力と英雄たちに関する調査~「日本人は蜀が好き」は本当?

三国志の勢力と英雄をテーマに調査を行いました。認知率と選好度に加えて、各勢力のリーダーについては、抱かれている印象について詳しく聞いています。

目次

■調査目的

  • 「三国志」の勢力と英雄たちの認知率・選好度を把握する
  • 特に各勢力のリーダーについては、抱かれている印象について詳しく把握する

■回答者プロファイル

  • 性別:男女
  • 年齢:20~69歳
  • 未既婚:不問
  • 居住地:全国
  • サンプル数:2700サンプル

■好きな勢力

好きな勢力をみると、最も割合が高いのは「蜀」の29.1%。「日本人は蜀が好き」という俗説が立証されたといえる。但し、「魏」についても好きと回答した割合が高く注目に値する

三国志で好きな国

※三国志に興味がある人ベース ※クリックで大きなグラフが見れます

■勢力の選好理由

「蜀」の選好理由をみると、配下武将たちの「忠誠心」や「人柄」「連帯感」を支持する割合が高く、諸葛亮や関羽、張飛らが支持理由となっている様子がうかがえる

三国志の好きな国の理由

※選好者ベース ※クリックで大きなグラフが見れます

■三国志の英雄の認知率、選好度、コンバージョンレート

  • 最も認知率が高いのは「関羽」の69.0%。次いで、「劉備」68.6%、「曹操」66.6%が続く
  • 最もコンバージョンレート(認知者に占める選好者の割合)が高いのは「諸葛亮」の82.2%。次いで、「関羽」77.2%、「趙雲」74.2%が続く
  • 認知、選好のいずれでも蜀の強さが目立つ

三国志の好きな武将

※コンバージョンレート:認知者に占める選好者の割合 ※三国志に興味がある人ベース/勢力ごとに、認知度の降順に並び替え ※クリックで大きなグラフが見れます

 

■関連サービス

myアンケート

30年のリサーチ経験から蓄積したノウハウを活かし、調査設計から実査までしっかりサポートします ・カタログのダウンロードができますお問い合わせはこちらです

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

聞く技術を中心に据えたマーケティング事例を紹介します。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる