ソーシャルログインとサンプリングでコミュニティの会話の質を高める

ソーシャルログインとサンプリングでコミュニティの会話の質を高める
Original Update by Hamed Saber
生活者へのソーシャルメディアの浸透と、企業のソーシャルメディア活用は昨年一年で大きな進歩をみせました。今後も企業のソーシャルメディアの活用は進むでしょう。一方で生活者の数は有限です。限りある生活者とのコミュニケーションをより活性化させるために、ソーシャルメディアのコミュニティ内での会話の質の向上が必要です。 ”会話の質を高める”ということをシンプルに説明すると
  • コミュニティのテーマ(商品やサービス)にそった会話があふれること
  • その会話が実際の商品やサービスの利用者によってなされること
以上の2点だと考えます。クチコミは商品・サービスの利用者からでないと生まれません。当社ではコミュニティで”会話の質を高める”ために、ソーシャルログインとサンプリングを活用した施策に取り組んでいます。 ソーシャルログイン 上記のように、コミュニティに集まった生活者にサンプリングで商品を使ってもらい、体験者のクチコミを集めます。クチコミはコミュニティに還元し、商品を体験した人同士の共感を生みます。 またサンプリングを行う際に注力する視点が2つあります。商品やキャンペーンの目的にあう詳細なターゲット設定と、対象者の記憶に残る商品とのコンタクトポイントの設定です。これらをソーシャルログインを使い、サンプリングの応募者の中から、より強力な支援者になるだろう人を選び、また友人や知人のクチコミをきっかけに、商品とのコンタクトポイントを作ります。 ソーシャルログインとアンケートを組み合すことで、サンプリングに応募してきた人たちの以下の情報が分かります。
  • 年代/性別/居住地などの基本属性
  • 趣味や嗜好などの気持ちに基づいた属性
  • 見ている情報や発信している媒体などの情報感度
  • 使用している、愛用している商品などの競合情報
  • Facebookの友達数(クチコミの影響度)
  • Twitterのフォロアー数(クチコミの影響度)
  • 申し込んだ企画のシェア・ツイート状況(貢献度)
  • シェア・ツイートのクリック数(貢献度)
もちろん一人にクローズアップすれば、その人がどんな友達とどのような会話をしているかまで見ることができます。ポイントは友達の数だけではなく、展開するサンプリングやコミュニティについて、友達に情報のシェアをしているか、またそのシェア情報からどれだけの友達を連れてきてくれたか。という貢献度まで見ることができるところです。 企業のコミュニティに対し、より深くコミットし的確なターゲットである生活者に、商品やサービスを体験してクチコミ情報を集めること。またそれらをコミュニティに還元し、体験者同士のシェアを呼ぶことが、コミュニティの会話の質を高める近道です。  
目次

■関連サービス

ソーシャルサンプリング

ターゲットとクチコミにこだわったサンプリングです

カタログのダウンロードができます

お問い合わせはこちらです

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

株式会社ドゥ・ハウス 執行役員 聞く技術研究所 マネジャ

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる