『週刊少年ジャンプ』マンガの魅力度比較調査~『ドラゴンボール』の圧勝!

『週刊少年ジャンプ』といえば、全盛期には発行部数653万部を記録した国民的マンガ雑誌です。キーワードは、「友情」「努力」「勝利」!そんな『週刊少年ジャンプ』に掲載された数々の名作の認知率や選好度を調査しました。果たして最も人気のある作品とは?そして、それぞれのマンガはどのような印象を持たれているのでしょうか?

■調査目的

  • 『週刊少年ジャンプ』マンガの魅力を選好度を把握し、特に人気の高いマンガの魅力を把握する
 

■調査結果【1-1.『週刊少年ジャンプ』マンガの認知率・購読経験率・選好度】

  • 認知率、購読経験率、選好度のいずれでも、最も割合が高いのは『ドラゴンボール』
  • 認知率では、『ドラゴンボール』の96.2%に次いで、『キン肉マン』95.5%、『ONE PIECE』90.4%が続く
 

■調査結果【1-2.『週刊少年ジャンプ』マンガの認知率・購読経験率・選好度】

  • 購読経験率と選好度にしたがってポジショニングを行うと、『ドラゴンボール』『ONE PIECE』『シティハンター』はいずれの割合も高い第1象限にプロットされる
  • 一方、『遊☆戯☆王』『ぶらりひょんの孫』『べるぜバブ』『青の祓魔師(エクソシスト)』は、購読経験率は高いが選好度は低い第4象限にプロットされる
 

■調査結果【2-1.『週刊少年ジャンプ』マンガの印象】

  • 選好度上位の作品は、多くの項目で高い割合となっている。一方、下位の『青の祓魔師(エクソシスト)』『家庭教師ヒットマンREBORN!!!』『ぬらりひょんの孫』は特徴的な印象を持たれていない
  • 上位3作品に共有するのは「主人公が魅力的」「主人公以外の登場人物が魅力的」の割合の高さであり、『週刊少年ジャンプ』マンガにけるキャラクターの魅力の重要性がうかがえる
 

■調査結果   【2-2.『週刊少年ジャンプ』マンガの印象(コレスポンデンス分析)】

  • それぞれのマンガの印象についてコレスポンデンス分析を行うと、上下に「大人向け/子供向け」、左右に「王道/斬新・印象なし」とプロットされた
 

■ダウンロード

※調査結果の詳細は、下記URLよりPDF形式のレポートをダウンロードしてご覧ください。また、当社無料集計ソフト「my集計アプリ」に対応したローデータもダウンロードできます。
目次

■関連サービス

myアンケート

30年のリサーチ経験から蓄積したノウハウを活かし、調査設計から実査までしっかりサポートします ・カタログのダウンロードができますお問い合わせはこちらです

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

聞く技術を中心に据えたマーケティング事例を紹介します。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる