男性の食材入手法に関する調査~調理頻度の低い男性は、その時自宅にあった食材を使う

今回は、「食材購入」と「調理」との関係について調査を行いました。「調理頻度の低い男性は、いざ自分で調理をするときに食材を購入する傾向がある」という仮説を立て、検証を行いました。

■調査目的

  • 「調理頻度の低い男性は、いざ自分で調理をするときに食材を購入する傾向がある」という仮説を検証する
 

■調査結果まとめ

  • 調理頻度別に食材入手法をみると、調理頻度と「調理をするときに自宅にあった食材を使って調理をする」割合との間には、反比例の関係がみられる現在交際相手がいる人、いない人別に結婚願望をみると、いずれも過半数が結婚を望んでいる
  • したがって、「調理頻度の低い男性は、いざ自分で調理をするときに食材を購入する傾向がある」という仮説は反証された
 

■調査結果【自宅での調理頻度/調理メニュー】

  • 自宅での調理頻度をみると、「自宅で調理しない」割合が最も高く36.2%
  • 年代別にみると、「週4日以上」の割合が最も高いのは『20代』の26.2%。次いで、『50代』22.3%が続く
  • 調理メニューをみると、最も割合が高いのは「ラーメン」の63.9%。次いで、「うどん」62.0%、「焼きそば」54.2%
 

■調査結果 【自宅で調理する際に使用する食材の入手法/麺やタレ・つゆ・ソースの入手法】

  • 自宅で調理する際に使用する食材について調理頻度別にみると、「調理をするときに自宅にあった食材を使って調理をする」割合は、調理頻度と反比例して高くなる
  • 「調理をするときに自宅にあった食材を使って調理をする」割合が最も高いメニューは「うどん」の69.6%。一方、最も割合が低いのは「パスタ」の51.0%
 

■ダウンロード

※調査結果の詳細は、下記URLよりPDF形式のレポートをダウンロードしてご覧ください。また、当社無料集計ソフト「my集計アプリ」に対応したローデータもダウンロードできます。
目次

■関連サービス

myアンケート

30年のリサーチ経験から蓄積したノウハウを活かし、調査設計から実査までしっかりサポートします ・カタログのダウンロードができますお問い合わせはこちらです

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

聞く技術を中心に据えたマーケティング事例を紹介します。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる