未婚者の「出会い」に関する実態把握調査~出会いは身近な場所(職場・学校)にこそある

20~50代の未婚女性を交際相手の有無で2グループに分け、結婚願望の有無と、出会った場所/出会いたい場所について調査を行いました。「交際相手のいない人は、出会いの場を持っていないのではないか?」「交際相手のいる女性が実際に出会った場所に期待を抱いていないのではないか?」といった仮説の検証が目的です。果たして、交際相手のいない人が出会いたい場所は、実際に出会いの期待が持てるのでしょうか?

■調査目的

  • 現在交際相手のいる人(いわゆる「付き合っている」未婚者)は、相手とどこで出会ったのかを把握する
  • 併せて、交際相手のいない人はどこで出会いたいと考えているのかを把握し、両者の差を検討する
 

■調査結果【結婚願望の有無】

  • 現在交際相手がいる人、いない人別に結婚願望をみると、いずれも過半数が結婚を望んでいる
  • 一方、交際相手がいても4人に1人は結婚を望んでいない点にも注目できる
 

■調査結果【出会った場所/出会いたい場所】

  • 交際相手がいる人が相手と出会った場所、交際相手がいない人の出会いたい場所を比較すると、いずれも合コン・友人の紹介が最も高い
  • 両者の差が大きい場所をみると、職場・学校が実際に出会った場所として高いが、出会いたい場所になっていない。交際相手がいない人は身近な場所に相手を求めていないことがうかがえる
 

■ダウンロード

※調査結果の詳細は、下記URLよりPDF形式のレポートをダウンロードしてご覧ください。また、当社無料集計ソフト「my集計アプリ」に対応したローデータもダウンロードできます。
目次

■関連サービス

myアンケート

30年のリサーチ経験から蓄積したノウハウを活かし、調査設計から実査までしっかりサポートします ・カタログのダウンロードができますお問い合わせはこちらです

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

聞く技術を中心に据えたマーケティング事例を紹介します。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる