2012年GWの旅行重視点把握調査~「安・近・短」トレンドは本当か?

2012年のゴールデンウィークのトレンドといわれたのが「安・近・短」(価格は安く、期間は短く、距離は近い)。このトレンドは本当だったのか調査を実施しました。合わせて、国内空港の利用率と満足度を聴取しています。

■調査目的

  • 旅行探索時の重視点を把握する。特に、トレンドとされる「安・近・短」重視層のボリュームを把握する
  • 国内主要空港の利用者満足度を把握する

 

■調査結果【2012年GWの旅行実施率/重視点】

  • 2012年のゴールデンウィークに旅行をした人は18.4%
  • その旅行探索時に気にしたことをみると、いわゆる「安・近・短」の傾向はみられなかった。特に距離については「遠くがいい」ことを気にした人が約半数となっている

 

■調査結果【直近3年間空港利用率上位15港と利用満足度】

  • 旅行時に利用する空港について、国内50空港の直近3年の利用率をみてみると、羽田空港が41.9%、成田空港が29.0%、新千歳空港が18.4%となっている
  • 利用した空港についての満足度をみると、羽田空港と新千歳空港は8割を超える満足度を得ている。羽田空港は国際線の拡張、新千歳空港はリニューアルの効果が出ているものと考えられる

 

■ダウンロード

※調査結果の詳細は、下記URLよりPDF形式のレポートをダウンロードしてご覧ください。また、当社無料集計ソフト「my集計アプリ」に対応したローデータもダウンロードできます。

目次

■関連サービス

myアンケート

30年のリサーチ経験から蓄積したノウハウを活かし、調査設計から実査までしっかりサポートします ・カタログのダウンロードができますお問い合わせはこちらです

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

聞く技術を中心に据えたマーケティング事例を紹介します。

目次
閉じる