「味の伝承」に関する調査~20代・30代既婚女性は、実母よりもレシピサイトから影響を受けている

今回は、20~60代の女性を対象に「味の伝承」について調査を実施しました。果たして、料理の味付けはどこから影響を受けているのでしょうか?実母の料理でしょうか?それともレシピサイトやテレビ?また、「我が家の味」と言えるようなメニューや味付けはあるのでしょうか?味付けに関する基礎データとしてご参照ください。

■調査目的

  • 料理の味わいに影響を及ぼすチャネルを把握する
  • 生活者が「我が家の味」と呼ぶものの概要を把握する

 

■調査結果【1.夕食調理実態、実母から調理を教わった経験有無】

  • 夕食を週5日以上調理する割合が最も高いのは50代既婚
  • 未婚者は年代と共に調理する割合が高まるが、40代でも約6割は調理していない
  • 実母から調理を教わった経験については、年代・未既婚による差はあまり大きくなく、約7割の人が経験を持っている

 

■調査結果【2.自分の料理の味付けに影響を及ぼしたもの】

  • 自分の料理の味付けに影響を及ぼしたものをみると、全体で最も割合が高いのは実母の味。次いで、レシピサイト、テレビが続く
  • 20~30代既婚は、実母の味よりもレシピサイトからの影響が大きい
  • 60代既婚は、実母の味に次いでテレビからの影響が大きい

 

■調査結果【3.「我が家の味」だと思うメニューや味付け】

  • 「我が家の味」があると回答した人は、最も割合が高い50代既婚でも54%にとどまり、過半数の人が「我が家の味」を持っていない
  • 「我が家の味」の具体的な内容をみると、出身地や居住地特有のメニュー、味付け、調味料の使い方が多くあがっている
  • 個別のメニューとしては、煮物こそが「我が家の味」を象徴するものであるという声がみられた

 

■ダウンロード

※調査結果の詳細は、下記URLよりPDF形式のレポートをダウンロードしてご覧ください。また、当社無料集計ソフト「my集計アプリ」に対応したローデータもダウンロードできます。

 

目次

■関連サービス

myアンケート

30年のリサーチ経験から蓄積したノウハウを活かし、調査設計から実査までしっかりサポートします ・カタログのダウンロードができますお問い合わせはこちらです

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

聞く技術を中心に据えたマーケティング事例を紹介します。

目次
閉じる