QRコードの使用実態把握調査~60代の9割以上が認知。但し、使用経験率は3割にとどまる

アナログ媒体からデジタル媒体への流れはとどまることを知りません。デジタル媒体への移行により、より安価に、手軽に、そしてリッチなコンテンツを届けることができるようになりますが、それが生活者に届かないようでは意味がありません。重要なのは「いつ」「何を」デジタル化するのかという点です。例えば60代の方をターゲットとした場合、果たしてQRコードの利用は適切な選択肢なのでしょうか?

■調査目的

  • QRコードの年代別使用率を把握する
  • 使用者がどのようなオケージョンで使用しているのかを把握する
 

■調査結果【QRコードの使用経験率、使用オケージョン】

  • 全体でみると、使用経験率は約7割
  • 年代別にみると、使用経験率は若い年代ほど高い。特に60代では、コンバージョンレート(認知者に占める使用経験率)の低さが目立つ
  • 使用オケージョンについてFAをみると、キャンペーンの応募や割引サービスを受けるため、食品の安全に関する情報を得るために利用したという声があがっている
 

■ダウンロード

※調査結果の詳細は、下記URLよりPDF形式のレポートをダウンロードしてご覧ください。また、当社無料集計ソフト「my集計アプリ」に対応したローデータもダウンロードできます。  
目次

■関連サービス

myアンケート

30年のリサーチ経験から蓄積したノウハウを活かし、調査設計から実査までしっかりサポートします ・カタログのダウンロードができますお問い合わせはこちらです

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

聞く技術を中心に据えたマーケティング事例を紹介します。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる