≪受付終了:11月9日開催≫――別冊:よげんの書 【Product X Vision ~ 商品の経験価値の未来】

生活の変化や経済・環境の変化など、社会課題を背景に少し先の生活を考えるためのマーケティングセミナー「月刊:よげんの書」の別冊版として、商品マーケティングに焦点を当てたセミナーを開催します。

セミナーのテーマは「ブランド・エクスペリエンス(商品の経験価値の未来)」です。

DXの進行による生活者との接点の変化、SDGs・ESGへの配慮によって生まれた、消費アクティビズムやブランド・アクティビズムの最新動向など、今起きている変化から、少し先の「よげん」を発表し、商品の購入に留まらない、生活者とブランドの継続的な関係構築や価値提供の方法について、商品のマーケティングに関わるみなさまと一緒に未来を考えていくためのセミナーです。

生活者と商品の出会いを作り続けている、オンラインサンプリングプラットフォーム「モラタメ」の取り組みや、各企業様の具体例を交えてお話しする実践的な内容となっております。

開催概要・プログラム内容

開催概要

開催日 2021年11月9日(火)
開催時間 16:00~17:00 ※本編終了後に質疑応答の時間を設けます
会場 オンライン開催 ※ZOOMを利用
定員 300名
料金 無料
申込締切 2021年11月5日10時
その他 11月8日にセミナー用URLをご連絡差し上げます

プログラム内容

商品の経験価値の未来に関する「よげん」の発表と、マーケティング事例について、講演者3名のセッション形式でお話しいたします。

「月刊:よげんの書」アーカイブ

月刊:よげんの書【2021年6月号】

  • コロナで少子化が加速し出産・育児支援が広がる
  • 多様性への配慮が進み衣類の男女差がなくなる
  • 家族で囲む食卓でも(味の)多様化が進む
  • ゲームの中の世界が、次の現実社会を創る
  • アフターコロナは買物時間が短くなる
  • 技術で勝って普及で負けることがトラウマになる
  • 変化におびえる日本企業が増える
  • IT人材の偏在がDXを妨げる
  • 入社早々転職を志向する若者が増える
  • 法人民主主義が立ち上がる
あわせて読みたい
【開催報告】月刊:よげんの書2021年6月号(前編)―― “境” をなくして考えよう
【開催報告】月刊:よげんの書2021年6月号(前編)―― “境” をなくして考えよう【開催報告】月刊:よげんの書2021年6月号(前編)―― “境” をなくして考えよう

月刊:よげんの書【2021年7月号】

  • スマートフォンが自由への切符の代わりとなる
  • 昨年は若者が、今年は高齢者が経済を牽引する
  • ミニ店舗が増え、オムニチャネルが加速する
  • リユース商品が次のロイヤルユーザーを育てる
  • 農業のイノベーションが機会をもたらす
  • 経済安全保障でリスクとチャンスが入り交じる
  • 日本の企業が人権に目覚める
  • デュアルライフを目指す人が増える
  • 社用族が絶滅危惧種になる
  • フレキシキュリティへの期待が高まる
あわせて読みたい
【開催報告】月刊:よげんの書2021年7月号(前編)―― 身近にあるモノの良い活用方法を見つけよう
【開催報告】月刊:よげんの書2021年7月号(前編)―― 身近にあるモノの良い活用方法を見つけよう【開催報告】月刊:よげんの書2021年7月号(前編)―― 身近にあるモノの良い活用方法を見つけよう

月刊:よげんの書【2021年8月号】

  • スポーツをきっかけに不平等と倫理が見直される
  • クチコミの力にお金と期待が集まる
  • 2020年代生まれの子どもと気候変動との闘いが激化する
  • 緑の視点を持つ生活者が増える
  • 小売・売場のクロスオーバーが進む
  • デマ情報が停滞を助長する
  • 日本のエネルギー政策が迷走する
  • 副業人材への期待が拡大する
  • 日本人の幸福感が一筋縄ではいかないことがわかる
  • リスキリング革命が始まる
あわせて読みたい
【開催報告】月刊:よげんの書2021年8月号(前編)――子どもや孫の時代の生活を考えて行動しよう
【開催報告】月刊:よげんの書2021年8月号(前編)――子どもや孫の時代の生活を考えて行動しよう【開催報告】月刊:よげんの書2021年8月号(前編)――子どもや孫の時代の生活を考えて行動しよう

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

株式会社ドゥ・ハウス 執行役員 聞く技術研究所 マネジャ