口腔ケアに対する生活者の悩みと「オンライン・ホームビジット+トーク」のご案内

最近、オンライン会議で自分の顔をまじまじと見る時間が増えました。今この記事を書いている私も
パソコン画面にうつる自分の歯の色が気になり始めて、ホワイトニング効果が含まれている歯みがき粉を買うようになりました。

新型コロナウイルス流行以前にももちろん口腔ケアはありましたが、私のように生活が変わったことで新たな口腔ケアの悩みを感じる人や、感染拡大を防ぐ一助として口腔ケアを見直す方も増えてきているのではないでしょうか。

今回ドゥ・ハウスでは、同社がネットワークする主婦マーケターDOさん32名に定性アンケートを実施し、口腔ケアでの悩みなどを探りました。

目次

口腔ケア・口腔ケアアイテムの悩み

DOさんに「使用している口腔ケア商品」と「口腔ケアの悩み」について、聞きました。いくつかご紹介します。

デンタルフロスで歯茎を傷つけてしまう(30代女性)

使用している口腔ケアアイテム:歯みがき粉、洗口液、デンタルフロス

私は歯並びが良くないのでデンタルフロスが必須と歯医者さんから言われてから、デンタルフロスをマメに使用するようになりました。奥歯の間をデンタルフロスで綺麗にする時になかなか歯間に入らないことが多く力を入れすぎてしまい歯茎を傷つけてしまうのが悩みです。デンタルフロスの糸の細さなど選べたらいいのになと思います。

フロスを使用した後に洗面所の鏡が汚れる(40代女性)

使用している口腔ケアアイテム:歯みがき粉、フロス、歯間ブラシ

夫が歯間の掃除でフロスを使った後、洗面台の鏡に汚れが飛んでいて、それを拭き掃除するのが、面倒だなぁと毎回思います。夫自身も終わった後にティッシュペーパーで拭いてくれているようなのですが、拭き残しがこびりついていたり、拭き跡で鏡が曇っていたりすると、とても気になります。歯の健康を保つためのケアをしているので仕方ないと思うのですが、もっと汚れが飛ばないフロスがあったら、鏡が汚れなくていいのにと思います。歯間ブラシの方が汚れが飛ばないので勧めたのですが、上手く隙間に差し込めずイライラするので使いたくないそうです。

もっと歯のカーブに合わせやすい歯ブラシがほしい(40代女性)

使用している口腔ケアアイテム:歯みがき粉、フロス

もっと歯のカーブに合わせやすい歯ブラシが欲しいです。歯医者での定期診察で、歯のカーブに汚れが残っていると指摘されます。この頃は意識して1本、1本、歯ブラシを当てて磨きます。カーブになると歯ブラシの先を立てるようにして無理やり当てて磨いています。歯ブラシの先が小さいものもあるのですが1回の歯磨きで2本使い分けるのは手間がかかり、保管本数が増えるのも困ります。

今回は、定性データの一部のみのご紹介となりましたが、この定性データも含めてより深く生活者の口腔ケア事情、また洗面台事情を知ることができるマーケティングコンテンツがあります。

それがオンライン・ホームビジット+トークです。

オンライン・ホームビジット+トークとは、Zoomで主婦マーケター「DOさん」数名のお宅を繋ぎ、自宅の様子をリアルタイムで紹介するほか、DOさん同士が生活者目線で気になった点を質問し合ったり、テーマに沿いながら話をしていくマーケティングコンテンツです。

生々しい生活が垣間見えるオンライン・ホームビジット+トーク

今回の「オンライン・ホームビジット+トーク」のテーマは、「我が家の洗面台&口腔ケア事情」です。

DOさんが自宅の洗面台を映しながら、ヘアケア商品やスキンケア商品、衛生商品など、どんな物がどんなふうに置かれているかを紹介したり、実際に使用している口腔ケア商品について、商品選択の理由や使用実態などをお話しします。

また、セミナー終了後には、今回調査した「我が家の口腔ケア事情」に関する定性アンケートのデータをダウンロードしていただくことができます。

オンライン・ホームビジット+トークの申し込みはこちら。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです

この記事を書いた人

株式会社ドゥ・ハウス 広報部&DOさん事業部

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる